Amazon FreeRTOS向け開発環境、Segger Embedded StudioとJ-Link販売開始

Amazon FreeRTOS向け開発環境、Segger Embedded StudioとJ-Link販売開始

ポジティブワン株式会社 2018年04月13日

2018年4月13日、Amazon FreeRTOS向け開発環境、Segger Embedded StudioとJ-Link販売開始いたします。

ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区)は、Amazon FreeRTOS向け開発環境、Segger Embedded StudioとJ-Linkの販売開始いたします。

SEGGER社クロスプラットフォームEmbedded Studioと市場をリードするJ-Linkデバッグプローブは、Amazon FreeRTOSを完全にサポートされました。Amazon Web Services(AWS)がAmazon FreeRTOSを使い始めるために選んだボードは、既にEmbedded StudioとJ-Linkでサポートされています。

SEGGERは、LPC54018 IoTモジュール、STM32L4ディスカバリキットIoTノード、および、SimpleLink Wi-Fi CC3220SFワイヤレスマイクロコントローラLaunchPad開発キットといったすべてのARMベースボードに対してEmbedded Studioのなかにプロジェクトファイルがサポートされています。

Embedded StudioはAmazon FreeRTOSを使い始めるのに最適なソリューションであり、ARM/Cortexデバイスでも使用できます。ライセンスを取得することなく、簡単にダウンロード、インストール、使用できます。

独自のEmbedded Studioライセンスは、非商用/教育プロジェクトにEmbedded Studioを無料で使用することを許可し、商用プロジェクトを開発する開発者は、評価目的でEmbedded Studioを無料で使用することができます。評価はフル機能です。Embedded Studioの制限はありません。時間制限はなく、機能制限はなく、コードサイズ制限はありません。

さらに、LinuxやMacOSでも利用可能であるため、Windowsオペレーティングシステムをユーザーに強制することはありません。

Embedded Studioには、Amazon FreeRTOS用のRTOSプラグインが付属しており、完全にタスクに対応しています。これは、Amazon FreeRTOSを完全に補完するものです。

◆AWS IoTコア
AWS IoT Coreは、接続されたデバイスがクラウドアプリケーションや他のデバイスと簡単かつ安全にやりとりすることを可能にするマネージドクラウドプラットフォームです。AWS IoT Coreは数十億個のデバイスと何千ものメッセージをサポートし、これらのメッセージを処理し、AWSエンドポイントや他のデバイスに確実かつ安全にルーティングすることができます。AWS IoT Coreを使用すると、アプリケーションは接続されていなくても、いつでもすべてのデバイスを追跡して通信できます。

◆Amazon FreeRTOS
Amazon FreeRTOS(a:FreeRTOS)は、小型、低消費電力エッジデバイスのプログラミング、配備、保護、接続、および管理を容易にするマイクロコントローラのオペレーティングシステムです。Amazon FreeRTOSは、マイクロコントローラ向けの一般的なオープンソースのオペレーティングシステムであるFreeRTOSカーネルをベースにしており、小型、低電力デバイスをAWSクラウドサービスに安全に簡単に接続できるソフトウェアライブラリで拡張しています。

◆Embedded Studioについて
Embedded Studioは、組み込みアプリケーションの管理、ビルド、テスト、およびデプロイメントのためのオールインワンソリューションです。強力なプロジェクトマネージャおよびソースコードエディタから必要なすべてのツール、高度なデバッグ情報ウィンドウとJ-Link統合の統合デバッガ、完成したアプリケーションの自動展開のバージョン管理機能などが含まれています。パワフルなプロジェクトマネージャーは、工業規模のプロジェクトを管理することもでき、システムの分析とデバッグを簡単に行うことができます。

J-Linkのメーカーが腕 - のための比類のないデバッグ体験を提供し、RISC-Vベースの組込みソフトウェアの開発と生産のための微調整機能を使用して、マイクロコントローラと組み合わせる:ハードウェアブレークポイントの制限をなくし、フラッシュメモリ内の無制限のブレークポイント、およびカスタムローダーを書き込む機能あらゆるタイプのフラッシュメモリストレージをサポートするためにJ-LinkのOpen Flash Loaderを使用しています。Embedded Studioには、メモリ使用やスタック解析など、複数のアプリケーション解析手段があります。

Embedded Studioは、Windows、macOS、Linuxをサポートするクロスプラットフォームソリューションです。Embedded Studioは、プロフェッショナルな組み込みCプログラミングおよび開発に必要なすべてのものをユーザーに提供するように特別に設計されています。安定性と継続的なワークフローを実現する完全なソリューションを市場に提供します。Embeddedライセンスは、教育的および非営利的な使用のために無料で提供され、大学コースや専門家の開発に理想的です。

SEGGER社について
SEGGER Microcontrollerは、組み込みシステム向けのソフトウェア、ハードウェア、開発ツールのフルレンジサプライヤです。同社は、手頃な価格で、柔軟で使いやすいツールとコンポーネントを使用して、開発プロセス全体を通じてサポートを提供しています。SEGGERは、急速に発展するIoTのニーズを満たすセキュアな通信とデータおよび製品セキュリティのためのソリューションを提供します。Segger社は1992年に設立され、着実に成長しています。詳細については、以下をご覧ください。 (リンク »)

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
東京本社 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
関西本社 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL (リンク »)

ポジティブワン株式会社は、最先端技術と時代を先読みしたエンベデッドソリューションをご提供します。そのために海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できるOEMハードウエアや世界標準ISOなどに準拠する品質向上のためのツールをご提供します。さらに、システムコンサルティング、エンベデッドからPC、スマートフォン、サーバーを含んだハードウエアからソフトウエアまでのシステム受託開発など、皆様のプロジェクト成功のためのご支援をいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com
TEL:03-3256-3933 FAX:03-4360-5301

このプレスリリースの付帯情報

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ポジティブワン株式会社の関連情報

ポジティブワン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]