バラクーダ、フィッシング攻撃への抵抗を測定する革新的なアプローチを発表

PhishLine Levelized Programにより、クリック率メトリックスの有効な代替手段を提供

バラクーダネットワークスジャパン株式会社 2018年04月17日

・今年初めのPhishLine社買収により、バラクーダはフィッシング攻撃に抵抗するユーザ能力計測のための革新的な手法を発表しました。 ・Barracuda PhishLine Levelized Programsは、優れた行動を促すことで、ユーザの関心を引きつけ、意識向上に集中するユニークな方法を組織に提供します。 ・Levelized Programには、カスタムプロモーションルールが含まれ、従来のクリック率測定よりも正確にユーザの進捗状況を確認できます。

※本内容は、米国バラクーダネットワークス(Barracuda Networks Inc.)の2018年4月17日付のプレスリリース、Barracuda Introduces Innovative Approach to Measure Resistance to Phishing Attacksの参考翻訳となります。
(リンク »)

カリフォルニア州キャンベル(2018年4月17日) - クラウド対応のセキュリティ及びデータ保護ソリューションのリーディングプロバイダである米国バラクーダネットワークスは本日、業界標準でありながらも多くの課題を持つ、クリック率の測定を改善するBarracuda PhishLine Levelized Progamを発表しました。Levelized Programは、ユーザのフィッシング攻撃への対応を測定するための、革新的で行動を促すことに特化した手法です。バラクーダは2018年4月16日から18日まで、サンフランシスコのMoscone Centerで開催されるRSAカンファレンス、ブース4708で、PhishLineをはじめとする、メールセキュリティソリューションのデモンストレーションを行う予定です。

Hatem Nagibのコメント(Barracuda Networks、SVP and GM of Security)

「フィッシング攻撃はステルスでより巧妙化しており、防御には従業員のトレーニングが非常に重要であることが証明されています。こういったソリューションの有効性は、信頼性に欠ける計測手法である「クリック率」に依存しがちです。業界初となるクリック率の代替手法となるLevelized Programは、ネガティブではなくポジティブに注目することで、改善状況を明らかにし、学習プロセスを向上します。」

レベリングは、改善向上のために複数の測定を用いて進捗状況を伝えるポジティブな手法により、ユーザにとって容易に測定できるステップを提供しています。

フィッシングの疑いがあるメールの報告など、組織の健全なセキュリティカルチャーの特徴に基づいてプログラムが作成できます。従業員はプログラムを継続するにつれて、セキュリティ意識を確認するトレーニングとシュミレーションコンテンツが表示され、管理者は全体的なキャンペーンの有効性と、個々のユーザの意識を追跡しレポート化することができます。

Barracuda PhishLineは、継続的なトレーニングと攻撃シュミレーションにより、従業員の防御に貢献します。PhishLineはデータ分析とレポート機能を提供し、ヒューマン層とプロセス層にわたり、マクロレベルとミクロレベルでリスクを測定し、レポート化します。PhishLineの詳細とPhishLine Levelized Programの詳細はこちらをご覧ください。 (リンク »)

PhishLineは、ビジョンの完全性と実行能力に基づいて、ガートナー社のMagic Quadrant for Security Awareness Computer-BasedTraning* におけるVisionaryとして認定されています。PhishLineのSaaSプラットフォームには、電子メール、テキストメッセージ、音声、USB/モバイルメディアといった多数の攻撃シュミレーションが含まれており、業界最高のデータキャプチャ、分析、レポート機能により、従業員のパフォーマンス分析を継続的かつ複合的な分析が行われます。

電子メールの脅威はより一層ターゲットを絞ることで、対象となる従業員、アプリケーション、データを保護するには多層アプローチが必要不可欠です。バラクーダは電子メールによる標的型攻撃やソーシャルエンジニアリングに対する幅広いソリューションを提供します。詳細はこちらをご覧ください。 (リンク »)

* Gartner, "Magic Quadrant for Security Awareness Computer-Based Training," Joanna G. Huisman, 26 October 2017.
Gartner does not endorse any vendor, product or service depicted in its research publications, and does not advise technology users to select only those vendors with the highest ratings or other designation. Gartner research publications consist of the opinions of Gartner's research organization and should not be construed as statements of fact. Gartner disclaims all warranties, expressed or implied, with respect to this research, including any warranties of merchantability or fitness for a particular purpose.

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]