追手門学院大学の入学志願者数が6年連続で増加 -- 「学びあい、教えあい」教学改革が進行中

追手門学院大学 2018年04月20日

From Digital PR Platform




追手門学院大学(大阪府茨木市/学長:川原俊明)の2018年度入試(2018年度入学者対象の入試)において、総志願者数(推薦および一般入試等)は19,118名で前年を3,026名上回り、6年連続で志願者が増加したことが判明した。また、一般入試だけをみても、6年連続で志願者が増加した。6年以上連続で増加の大学は全国に10大学あり、その内の1校となる。




【ポイント】
○追手門学院大学の2018年度入試の総志願者は19,118名。6年連続増加。
○一般入試志願者増も6年連続。6年連続以上増加の大学は全国に10校あり、その内の1校。
○志願者増加の要因は、本学の入試・教学・就職改革の成果への評価、入学定員の厳格化運用。

 一般入試において、志願者数が1,000人以上を数える大学(約300校)を対象に集計すると、今回を含めて6年以上連続で志願者を増やし続けている大学は、同大を含めて10校を数える(調査:大学通信)。

 同大では志願者が増えたことについて、
(1)一般入試日程の見直しを含めた入試改革
(2)学生の主体的な学びを促す教学改革の進展や就職支援の充実に対する高校・受験生からの評価の向上
に加え、
(3)「文高理低」傾向の前年度からの継続
(4)大都市圏大規模校の入学定員の厳格化運用(合格者数の減少)に伴う併願大学数の増加
といった外部環境を要因として考えている。

 来年4月には、JR総持寺駅から徒歩約10分の地に新キャンパス「茨木総持寺キャンパス」を開設。1年次生全員と地域創造学部および国際教養学部の学生が集う、学びの一大拠点が誕生する。
 同大では引き続き教学改革を進め、学生の主体的な学びを全面的に展開していく。

【参 考】
●福岡工業大学(福岡県)
 ・2018年度一般入試志願者数:9,229人
 ・2018年度入試までの連続年数:12年連続
●龍谷大学(京都府)
 ・2018年度一般入試志願者数:51,802人
 ・2018年度入試までの連続年数:7年連続
●桃山学院大学(大阪府)
 ・2018年度一般入試志願者数:9,575人
 ・2018年度入試までの連続年数:7年連続
●追手門学院大学(大阪府)
 ・2018年度一般入試志願者数:12,512人
 ・2018年度入試までの連続年数:6年連続
※6年連続は追手門学院大学のほかに6校
※増加開始時の志願者数が1,000人以上の大学が対象(2018年4月16日大学通信調べ)

(関連記事)
・追手門学院大学の入試志願者数が5年連続増加 -- アサーティブ入試の拡大、経済学部定員増の効果(2017.04.25)
  (リンク »)


▼本件に関する問い合わせ先
追手門学院 広報課
足立・谷ノ内
住所:〒567-0008 大阪府茨木市西安威2-1-15
TEL:072-641-9590


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]