KEMP LoadMaster 新製品を販売開始!

ロードバランサ新製品KEMP LoadMaster「LM-X3」「LM-X15」を販売開始

FXC株式会社 2018年04月23日

FXC株式会社は、世界的なロードバランサとADCベンダーであるKEMP社の新製品を日本国内で販売を開始いたします。 新しい製品はハードウェア アプライアンスで、従来のADC製品と比較してスループットを大幅に向上し、他社のワンランク上の製品に対しても引けを取らない性能と機能をリーズナブルな価格で提供いたします。

今回発表する製品は2種類で、1つは1Gbit×8ポートを搭載する「LM-X3」です。もう1つは1Gbit×16ポート
+10Gbit×4ポートを搭載する「LM-X15」です。
 性能面では、スループットが3.4Gbps(LM-X3)と15Gbps(LM-X15)、TLSトランザクション処理が1,700TPS(LM-X3)と12,000TPS(LM-X15)を実現し、トラフィックが集中するWebサイトに於いても安定したサービスを実現するパフォーマンスがあります。
 
 機能面では、サーバクラスタリング、 MS-Exchangeの負荷分散、 RDPの負荷分散、 ストリーミング配信など、 両モデルで同じ仕様を提供し、適合するアプリケーションによって機器を選択する必要がありません。 基本的な機器選択の要件は、サービス環境のトラフィック容量とネットワーク構成で確定します。 また、セキュリティ面においては、 セキュリティパッケージをサブスクリプションで提供しています。 主に、SSOや2要素認証などのエッジセキュリティを実現するサブスクリプションとWAF(Webアプリケーション ファイアウォール)を追加提供するサブスクリプションを用意しています。 加えてHTTPのレスポンスヘッダの書換えやレスポンスボディの書換えなど、脆弱性のあるコンテンツを修正するL7ルールの設定も可能です。
 
 運用面では、簡単な操作のWebユーザインタフェースに加え、CLI(PowerShell)やRESTでのAPIを用意しており、運用効率を最大化するための豊富なインタフェースが利用できます。 管理面でも拡張MIBを提供するSNMP、外部Syslogサーバへの接続、WAFのAuditログ出力など、お客様の運用環境に柔軟に対応します。

◎型番と標準価格(保守ライセンス費用は含みません)
  LM-X3    ¥780,000 (税別)
  LM-X15 ¥1,780,000 (税別)
      
◎保守サービス:
  LoadMasterのご購入の際は、保守サービスを含むサブスクリプションライセンス
  (J-Standard、J-Enterprise、 J-Enterprise+ のいずれか)の購入が必要になります。

◎受注開始日:2018 年4月 9日(月)
  出荷開始日:2018 年4月18日(水)

このプレスリリースの付帯情報

KEMP LoadMaster 「LM-X15」(上)「LM-X3」

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

FXC株式会社の関連情報

FXC株式会社

FXC株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]