編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

FXC、独自開発の小型録画再生ユニット--D1サイズで毎秒30フレームを記録可能

田中好伸(編集部)

2007-10-10 19:39

 ネットワーク機器のFXCは10月10日、独自に開発した小型の録画再生ユニット「FXC-PV500M」の販売を開始したことを発表した。価格はオープン。年間1万ユニットの販売を目標にしている。

 PV500Mは、D1(720×480ピクセル)サイズで毎秒30フレームのフルモーション動画をリアルタイムに録画・再生可能となっている。ビデオCODECに動画圧縮規格「H.264」を採用することで、高い圧縮率を実現している。

PV500M

 また記録媒体としてSDメモリカードを採用、8GバイトのSDメモリカードにフルモーション動画を約16時間録が可能となっている(サイズはD1、毎秒30フレーム、1bps)。ネットワーク機能(有線/無線)インターフェースがオプションでサポートされており、RTPプロトコルでリアルタイムに1フレームあたりD1の映像をネットワーク経由で転送できるという。

 車載カメラや小型ビデオレコーダに組み込まれるユニットとして、メーカーやシステムインテグレーターを対象に販売される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]