期待を裏切らない企業ランキング

株式会社ヴォーカーズ 2018年04月24日

From 共同通信PRワイヤー

2018年4月24日

株式会社ヴォーカーズ

Vorkers「働きがい研究所」調査レポートvol.47

期待を裏切らない企業ランキング
- 入社後ギャップが少ない企業とは -
(リンク »)

就職・転職のための企業リサーチサイト「Vorkers」( (リンク ») )を運営する株式会社ヴォーカーズ(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:増井 慎二郎)は、「期待を裏切らない企業ランキング」を発表しました。

多くの企業が新入社員を迎える4月。一方で、入社した企業で入社前に描いていたイメージとの違いに直面している新入社員も多いのではないでしょうか。誰しもが少なからず感じる、入社後のギャップ。新卒入社社員の3割が3年で離職すると言われる中、いかにギャップを最小限にできるかは社員の定着率を向上させるために必要不可欠であると言えます。

今回の調査レポートでは、入社前に抱く期待を裏切らない企業をクチコミから調査しました。Vorkersに投稿された「入社後ギャップ」に関するクチコミを機械学習によって解析し、よりギャップが少ない企業をランキング化しました。入社後のギャップが少ない企業、つまり、期待を裏切らない企業にはどのような特徴があるのでしょうか。


【サマリー】
・1位はマッキンゼー・アンド・カンパニー、2位は特許庁、3位はリクルートマネジメントソリューションズ
・上位には、期待できることがわかりやすい「実力主義企業」と「長期安定企業」が多くランクイン

※詳細は画像または働きがい研究所サイトをご参照ください。
(リンク »)

【画像: (リンク ») 】

■ 期待を裏切らない企業ランキング

1 マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社
2 特許庁
3 株式会社リクルートマネジメントソリューションズ
4 エミレーツ航空会社
5 国際石油開発帝石株式会社
6 日本電信電話株式会社(NTT)
7 丸紅株式会社
8 株式会社ボストンコンサルティンググループ
9 三菱商事株式会社
10 PwCアドバイザリー合同会社
11 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
12 日本郵船株式会社
13 三井不動産株式会社
14 株式会社リクルート住まいカンパニー
15 グーグル合同会社
16 ネスレ日本株式会社
17 プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社(P&G)
18 株式会社GSユアサ
19 株式会社ソシオネクスト
20 シスメックス株式会社
21 住友商事株式会社
22 ニールセン カンパニー合同会社
23 アステラス製薬株式会社
24 YKK株式会社
25 国立大学法人北海道大学
26 PwCあらた有限責任監査法人
27 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ
28 株式会社ファインドスター
29 株式会社リクルートテクノロジーズ
30 アバナード株式会社


■ 「実力主義企業」と「長期安定企業」が多くランクイン

上位には、マッキンゼーやボストンコンサルティンググループなど、外資系コンサルティング会社を含む「実力主義企業」と、特許庁やNTT、日本郵船といった「長期安定企業」がランクインしました。正反対の性質を持つ企業ですが、それぞれ、入社後に期待できることや働き方のイメージがしやすく、ギャップが生まれにくいことが伺えます。

「入社を決めた理由:ビジネススキルの短期間での向上。経営視点を学ぶため。国際的な環境で働くため。
入社理由の妥当性:目的は達成できたため、満足している。ただ、元々将来的には自分で事業をやることを考えていたため、その観点では他社の方が適していたかもしれないと感じる。将来コンサルタントとしてやりたい、また、まだキャリアに悩んでいる人に最適な環境かと思う。(コンサルタント、男性、マッキンゼー・アンド・カンパニー)」

「入社を決めた理由:専門性が高く入庁後も自己研鑽ができることと、ワークライフバランスが取りやすいことを重視した。
入社理由の妥当性:概ね、入庁理由は妥当だった。研修制度は非常に充実しており、入庁から3ヶ月程度ある審査官補コース研修に加え、1年目からも多くの技術研修に参加が可能である。また、審査業務は基本的に単独で行うため、定時退庁や有給の使用は気兼ねなくできる。(審査部門、男性、特許庁)」

「入社を決めた理由:女性でも活躍できる、長く勤められる。人事の経験が積める。
入社理由の妥当性:実際に男女関係なく活躍できていたし、40代以上の方も多く働きやすい。(営業、女性、リクルートマネジメントソリューションズ)」

「入社を決めた理由:グローバルな環境であること。また、外資系航空会社の場合、日本人は日本路線専用で採用されることが多いが、エミレーツは国籍関係なく全路線に乗務できることが決め手でした。
入社理由の妥当性:上記内容は全て妥当でした。認識のずれはありませんでしたが、やはり海外で暮らしたことの無い方や、入社後は他のクルーとアコモデーションをシェアすることになるため、異なる文化や習慣を柔軟に受け入れられない方は、最初は苦労するかもしれません。(客室乗務員、女性、エミレーツ航空)」

「入社を決めた理由:日本の企業で純粋な基礎研究をしている場所は他にないため。
入社理由の妥当性:妥当であった。研究環境としては他に類を見ないサポートがあり、大学や独立行政法人を凌ぐ環境であることは間違いない。(研究職、男性、NTT)」


■データの収集方法
「Vorkers」の会社評価レポートへの回答を通じてデータを収集しています。
会社評価レポートの回答条件は下記の通りです。
・社員として1年以上在籍した企業の情報であること
・500文字以上の自由記述項目と、8つの評価項目に回答いただくこと
・月間残業時間(実数)、有休消化率(実数)についても収集

■対象データ
Vorkersに投稿された「入社後ギャップ」に関する会社評価レポートが20件以上ある企業1783社への投稿122696件を対象データとしています。

【Vorkers働きがい研究所について】
株式会社ヴォーカーズが、働きがいの向上のために、個人・企業・社会などの視点から働きがいについて調査・リサーチを行うためのプロジェクトです。2014年3月よりスタートしました。

【Vorkersについて】
「Vorkers」では、就職・転職の参考情報として、職場環境に対する社員・元社員の評価点やレポートを共有しています。企業の社員・元社員から情報を収集しているWEBサイトとしては、国内最大規模のクチコミ数と評価スコア(540万件超)が蓄積されており、会員数は約210万人(2018年4月時点)となっています。経営者や人事部のフィルターにかかっていない「社員の生の声」を共有することで、企業の実情をオープンにし、就職・転職活動をサポートしたいと考えています。また、ジョブマーケットの透明性を高めることで、「社員を大切にする企業の方が大切にしない企業よりも評価され、誠実なCEOが誠実に会社を経営しやすい雇用環境となること」を目指しています。

〔Vorkersの由来〕
“Voice of Workers”(働く人たちの声)という意味と、“Workers”の“W”を“V”に置き換え、働く人の「自立」という意味が込められています。

【株式会社ヴォーカーズ 会社概要】
商   号:株式会社ヴォーカーズ
代 表 者:代表取締役 増井 慎二郎
本店所在地:東京都渋谷区渋谷3-6-3 渋谷363清水ビル11F
設立年月日:2007年6月
事業内容:就職・転職のための企業リサーチサイト「Vorkers」( (リンク ») )の企画運営
資本金:2000万円

【本件に関するお問合せ先】
担当:恵川、隈元  
Email:press@vorkers.com



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]