編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

大きなRailsアプリに対するMeltdownとSpectreのパッチの影響について

株式会社トランスネット

2018-04-26 07:00

Ruby開発に強いトランスネットはコラム「大きなRailsアプリに対するMeltdownとSpectreのパッチの影響について」を公開しました。興味がある方はご覧ください。
###
MeltdownとSpectreの脆弱性がIT界隈を騒がせているのをご存知でしょうか。この脆弱性はCPUのパフォーマンスを最適化している部分に存在するため、脆弱性を修正するパッチによってCPU最適化の効能が下がってしまうことが懸念されています。このパッチによるRailsアプリへの影響を調べたベンチマークがありましたので、ご紹介します。

最近のほぼすべてのCPUに影響を与えてしまう「Meltdown」「Spectre」という脆弱性について、すでに耳にした方も多いと思います。それらを修正するためのパッチが、システムのパフォーマンスをいくらか下げてしまうという話(*1)もご存知かもしれません。どのベンチマークを参照するのかにもよりますが、だいたい5%から20%、あるいはそれ以上の代償があるといわれます。

それでは、高度な並行処理をもつRailsワークロードである、Rails Ruby Benchはどうでしょうか。UbuntuはすでにMeltdownとSpectreのパッチを(ほぼほぼ……下記参照)提供していますので、確認してみましょう。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]