専門性を深める3学部 開設予定 平成31年4月、国際教養学部、国際商学部、理学部へ。 -- 横浜市立大学

横浜市立大学 2018年04月25日

From Digital PR Platform




横浜市立大学(学長:窪田吉信)は、国際総合科学部を再編し、平成31年4月より国際教養学部、国際商学部、理学部を開設することについて、本日、文部科学省に設置届出を行いました。
本学は、医学部と平成30年4月に新設したデータサイエンス学部に加え、国際総合科学部を国際教養学部、国際商学部、理学部の3学部に再編することにより、5学部を備えた総合大学として時代の要請に応える教育体制を構築します。




 横浜市立大学(学長:窪田吉信)は、国際総合科学部を再編し、平成31年4月より国際教養学部、国際商学部、理学部を開設することについて、本日、文部科学省に設置届出を行いました。
 平成17年の法人化とともに誕生した国際総合科学部では、文理融合型の教養教育をいち早く取り入れ、総合的な視点で課題解決力を養うことに注力してきました。その一方で、ますます複雑化、高度化する社会課題を解決するためには専門知識の深掘りが必要とされ、この傾向は今後も加速度的に増していくと推測されます。学部再編の目的は、本学の強みである教養教育を土台にしながら、社会環境の変化に対峙できる専門性を深化させることです。
 本学は、医学部と平成30年4月に新設したデータサイエンス学部に加え、国際総合科学部を国際教養学部、国際商学部、理学部の3学部に再編することにより、5学部を備えた総合大学として時代の要請に応える教育体制を構築します。

【再編のポイント】
◇教養教育を土台とした専門性の深化
◇国際社会に対応するためのグローバル教育の強化
◇学部から大学院につながる体系的な学びの可視化

【育成する人材像】
◇国際教養学部
 深い思考、柔軟な発想、理論に裏打ちされた実践力でグローバル化時代の未来を切り開く国際人
◇国際商学部
 実社会に変革をもたらすグローバルリーダー
◇理学部
 多角的アプローチで生命現象を理学的に解明する人材



□各学部概要
【国際教養学部】
◇主な特徴
・教養学系、都市学系の2つの学系と少人数教育で養う国際教養力
・専門性の深さと教養の幅を広げる4つの科目群(国際社会、国際文化、人間科学、都市政策・まちづくり)
・外国語運用能力を高め、海外・国内実習で国際力と実践力を身に付ける
◇定 員 270名 ・収容定員 1,080名

【国際商学部】
◇主な特徴
・英語で学ぶ専門科目で、ビジネスに強い英語力を強化
・海外で実践力を養う、海外インターンシップの充実
・データ分析、起業、医療経営など多様な専門性を育成
◇定 員 260名 ・収容定員 1,040名

【理学部】
◇主な特徴
・物質科学や生命科学、およびこれらの融合領域の専門知識を学修する
・グローバルな研究マインドと実力を身に付ける「国際リトリートプログラム」
・1年次から研究活動を行う「理数マスター育成プログラム」
◇定 員 120名 ・収容定員 480名



※詳細は、PDFファイルをご覧ください。


【お問い合わせ先】
 教育推進課長 田澤 紫乃
 TEL: 045-787-2422

【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]