北朝鮮の日常を生きる人々を捉えた映画『ワンダーランド北朝鮮』監督がドイツより緊急来日&イベント開催決定!

ユナイテッドピープル株式会社 2018年04月26日

From PR TIMES

南北融和ムードの朝鮮半島。北朝鮮で生きる “普通”の人々の暮らしとは?

映画配給を手がけるユナイテッドピープル株式会社(本社:福岡市 代表取締役:関根健次)は、北朝鮮の日常を生きる人々を描いたドキュメンタリー映画『ワンダーランド北朝鮮』をシアター・イメージフォーラム他にて全国順次公開します。本作の公開に先立ち、5月11日(金)より5月14日(月)の間にドイツよりチョ・ソンヒョン監督が来日し、試写会やトークイベントを開催します。



[画像1: (リンク ») ]

人々の幸せそうな表情に、自然エネルギーを活用した循環型な暮らし。北朝鮮の予想外のリアル発見を発見するドキュメンタリー映画『ワンダーランド北朝鮮』が6月下旬よりシアター・イメージフォーラム他にて全国順次公開が決定しました。独裁国家で、核開発を行う危ない国というイメージの北朝鮮ですが、最近では南北融和の動きや、米朝首脳会談など、情勢に変化が見られます。実際に北朝鮮にはどのような人々が暮らしているのかを知るために、韓国出身のチョ・ソンヒョン監督は、韓国籍を放棄してドイツパスポートで北朝鮮に入国し、エンジニア、兵士、農家、画家、工場労働者など“普通の人々”への取材を敢行し、ドキュメンタリー映画を制作しました。そして意外にも普段着な表情の人々と出会い、自活せざるを得ない必要性から自然エネルギーを活用する循環型社会が出現しているといった驚くべき事実を発見します。知られざるもう一つの北朝鮮の姿が明らかになります。

[動画: (リンク ») ]



【イベント展開】
北朝鮮の日常を生きる人々の現状とは? 『ワンダーランド北朝鮮』映画監督来日講演と日本国際ボランティアセンター(JVC)活動報告
日時:5月13日(日)午後6時~7時半迄(開場:午後5時45分)
出演:チョ・ソンヒョン監督
NGO日本国際ボランティアセンター(JVC)コリア事業担当宮西有紀さん
トークコーディネートは堀潤(ジャーナリスト・キャスター)さん
場所:JICA地球ひろば セミナールーム600(6階)
東京都新宿区市谷本村町10-5
主催:ユナイテッドピープル 共催:日本国際ボランティアセンター(JVC)、国際平和映像祭
お申込み先: (リンク »)
※上記が満席となっていても、プレス席がご用意できる可能性があります。お問い合わせください。
※5月12日午後にも試写会とトークイベントを予定しています。詳しくはお問い合わせください。
※5月14日夜の試写会とトークイベントは満席となりました。
※5月11日から14日の間、チョ・ソンヒョン監督への取材を受け付けています。

【試写会展開】
6月に数回試写会を予定しています。詳しくはお問い合わせください。

映画『ワンダーランド北朝鮮』とは?

[画像2: (リンク ») ]

世界から隔離された国、北朝鮮に良いイメージを持っている人は少数派だろう。北朝鮮のイメージは大概、独裁国家で、核開発を行う危ない国といったところだろう。しかし、それが本当に北朝鮮の姿なのだろうか?韓国出身のチョ・ソンヒョン監督は、この問いの答えを探しに北朝鮮で映画制作を行うため韓国籍を放棄し、ドイツパスポートで北朝鮮に入国。そして、エンジニア、兵士、農家、画家、工場労働者など“普通の人々”への取材を敢行した。

北朝鮮で制作する全ての映画は検閲を逃れられない。しかし、自由に取材活動が出来ない制約下でも“同胞”として受け入れられたチョ監督は、最高指導者への特別な感情を抱く普段着の表情の人々と交流し、意外と普通だが、予想外の北朝鮮の素顔を発見していく。

[画像3: (リンク ») ]

公務員画家の男性は、美しい女性を描くことを楽しみ、表情は明るい。デザイナーという言葉を知らない縫製工場で働く少女の夢は、“今までにない独創的な服を作る”こと。こんな“普通”の人々が登場する。また、経済制裁下にある北朝鮮の人々の暮らしぶりは慎ましいが、どこか懐かしさを感じさせる。経済制裁を受け、自活せざるを得ない必要性から、自然エネルギーを活用する人々の暮らしが循環型であることは驚くべき事実である。あなたの知らないもう一つの北朝鮮の姿が明らかになる。
監督:チョ・ソンヒョン 配給:ユナイテッドピープル 2016年/109分/ドイツ・北朝鮮
(リンク »)

【監督プロフィール】
チョ・ソンヒョン(Sung-Hyung Cho)は1966年韓国釜山市生まれの映画監督でドイツのザールブリュッケンの単科大学HBKsaar教授で映画制作を教えている。ソウルの延世大学でコミュニケーション論を学んだ後、美術史、メディア学、そして哲学を学ぶために1990年にドイツのフィリップ大学マールブルクに留学。卒業後、ドイツのテレビ局で編集の仕事に携わる傍ら、ミュージックビデオや短編ドキュメンタリー映画の制作を行う。FULL METAL VILLAGE (2006)は処女作で、いくつもの映画賞を受賞している。その後、HOME FROM HOME (2009), 11 FRIENDS (2011), FAR EAST DEVOTION (2015)などを制作している。

■ユナイテッドピープルについて
ユナイテッドピープルは「人と人をつないで世界の課題解決をする」をミッションに、映画買い付け・配給・宣伝事業を行なっております。
所在地:福岡市西区今宿駅前1-15-18 3F 設立日:2002年7月5日
代表者:代表取締役 関根 健次 (リンク »)

[画像4: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]