マイナンバーカードをもっと身近に!NTTデータが学生と共にアイディアソンを開催

NEWRON株式会社 2018年04月27日

From PR TIMES

議論を科学するディスカッションラボがアイディア出しをサポート!アイディアの実現化に向け現在も議論中。



マイナンバーカードの普及率をあげるための施策アイディアソンを(株)NTTデータが開催致しました。
[画像1: (リンク ») ]


普及率がまだ1割程度のマイナンバーカード。もっといろんな人に使ってもらうためにはどうすれば良いか、現役大学生と共に議論されました。
イベントページ: (リンク »)
[画像2: (リンク ») ]

アイディアソンの企画設計を、議論を科学する研究所「ディスカッションラボ」が担当。


当日は独自のアイディア発想法とアイディアシートを用いることで、学生からアイディアを引き出しました。

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]


アイディアソンは2日間開催され、総勢約80人もの参加者がチームに別れてアイディアを考案。
[画像5: (リンク ») ]


班に1人現場社員が入り、アイディアの実現可能性を加味した上で議論が進められました。
[画像6: (リンク ») ]


3時間のディスカッションを経てブラッシュアップされたアイディアが、審査員である現場社員に向けてプレゼンされました。
[画像7: (リンク ») ]


参加学生からは「課題に対する企画や提案を実際に体験できたので、NTTデータのお仕事のイメージをつかむことができました。」という声も。

今回主催の(株)NTTデータは日本のインフラを担っているリーディングカンパニーです。
日々、社会を動かす施策を検討し実施されています。(株)NTTデータのイノベーティブな取り組みは下記リンクからご覧いただけます。
URL: (リンク »)


また、参加学生からの事後アンケートからは「アイデア発想法があったおかげで、グループ内で意見が止まらずに議論を進めることができました。」や「予想以上にアイデアが出たので、アイデア発想法のすごさを理解しました。」などのコメントが寄せられました。
[画像8: (リンク ») ]



そんなアイディア発想法などを構築しているディスカッションラボとは
NEWRON株式会社が運営している、誰からでも質の高いアイディアを引き出すことを目的に、議論を科学し体系化している研究所です。
[画像9: (リンク ») ]

ディスカッションラボ公式HP→ (リンク »)


NEWRON株式会社(代表:西井香織)とは
NEW(新しい)+NEURON(神経細胞のような大量の繋がり)="新しい繋がり"が語源となっているNEWRON株式会社では、「繋がりでイノベーションを創造する」をMISSIONとして掲げ、人と人、企業と大学などを繋げることで新しいプロジェクト(0→1)を次々と創り出す会社です。代表取締役を務める西井が全国5000人以上の若者や大学との繋がりを持っていることから、"PR×グループインタビュー×アイディアソン"をかけ合わせた、若者向けサービス開発&マーケティング支援事業「ラボマーケソン」を企業向けに提供しております。

お問い合わせ:info@new-ron.com
会社HP: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]