編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

情報セキュリティコンサルティング会社のバルクが中小企業向けサイバーセキュリティトレーニングサービスを開始。7月10日(火)13:00~第1弾:CyberセキュリティトレーニングBRONZEコース開催

株式会社バルク

From: DreamNews

2018-06-06 15:00

長年PマークやISO27001の取得・運用支援を続けている株式会社バルク。2年前からサイバーセ
キュリティサービス「V-threat」を開始。脆弱性診断や標的型攻撃メール訓練サービス、サイバー
セキュリティコンサルティングなどをご提供してきました。
多くの中小企業様からご相談をお受けする中で感じたのが『サイバー攻撃そのものの理解度の低さ』
でした。その原因は、サイバー攻撃に関する正しい知識を得られないことです。システム業者がサ
イバー攻撃の対策を正しく理解しているかというと『分野がまったく違います』
自社販売商品のサイバー攻撃対策を知っていても、適切な設定を施してお客様へ提供出来ていない
ケースも多く存在します。
『どういった攻撃でどういった被害を受けるのか』『何を目的として攻撃してくるのか』といった
ハッカーの目的と手口を正しく理解することで、〝今〟すべき対策も見えてきます。
また、座学だけでは不十分なケースが多く、1番効果があるのは〝体験〟することです。
『明日から実践に役立つCyberセキュリティトレーニング』をコンセプトに、学習意欲やスキルに
応じた3段階のトレーニングプログラムを開始しました。

詳細はCyberセキュリティトレーニングのサイトをご参照ください。
(リンク »)

【開催日時】
・2018年07月10日(火):13:00~17:00(開場12:30)
【会場】
・(株)バルク セミナールーム定員:先着 12名(1社2名まで)
東京都中央区日本橋馬喰町2-2-6 朝日生命須長ビル7階
 ※最小催行人数:4人
【受講料】
¥100,000/1名
 ※バルクとお取引のある企業様はご優待価格になります。
  (お申込みフォームにバルク担当者名をご記入ください)

【内容】
・サイバーセキュリティの概論
・サイバーセキュリティのトレンド
・脆弱性体験サイトの解説 【演習】
・SQLインジェクション攻撃体験 【演習】
・Webサイト防御のベストプラクティス
・社内ネット防衛のベストプラクティス

【バルクのCyberセキュリティトレーニングの特長】
1. オリジナル純国産プログラム!
本サービスは、サイバーセキュリティのホームドクターである齋藤孝道(明治大学理工学部)教授
が率いるレンジフォース株式会社と、長年に渡り様々な企業の情報セキュリティマネジメントシス
テム構築支援をしてきた株式会社バルクが、中小企業のサイバー攻撃に対する知識や防御能力向上
のためにプログラムしたオリジナル純国産プログラムである。
2.専門家監修の洗練された演習教材!
演習に使用される教材はすべて、情報セキュリティ専門家監修の下、カリキュラム設計・開発した、
大学の専門教育課程においても使用されている洗練された演習教材。
3. ステップアップしていくことで内製化によるコスト削減!
BRONZEコースからステップアップすることで、自社でツールを活用した調査や対処が可能になり、
全てを業者に任せるのではなく、多くの部分は自社で内製化出来ますので、対策コスト削減が可能。
【Cyberセキュリティトレーニングについて】
(リンク »)
【その他Cyberセキュリティサービスについて】
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社バルク
(リンク »)
〒103-0002
東京都中央区日本橋馬喰町2-2-6 朝日生命須長ビル7階
コンサルティング事業部
TEL:03-5649-2501
FAX:03-5649-2713
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]