編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

「コンバージョンに繋がりやすいフォームの作成方法」

鈴与シンワート株式会社

2018-07-02 08:00

プライム・ストラテジー 森下竜行氏のコラム最新号「コンバージョンに繋がりやすいフォームの作成方法」が公開されました。
###

皆さんはウェブサイトの申し込みフォームや購入フォームの途中で「もういいや!」とフォームを離脱した経験はありませんか?
私を含め結構な割合の方が該当するかと思います。

実はフォームページでの平均離脱率は70%以上と言われております。

今回はユーザーが離脱しないフォームにするためにはどうすればいいか紹介していきたいと思います。

1.項目を精査する。

人がファーストインプレッションが大事と言われているようにフォームページについてもファーストインプレッションが大事です。

ファーストビュー内に項目数が収まっていないと必然的に項目数が多いと認識してしまいフォームを離脱してしまう傾向にあります。項目がファーストビュー内で収まれば入力項目から送信ボタンまで見渡すことができ、入力作業がどれだけ必要かわからないという一瞬の不安と、スクロールの手間を減らすことができます。

各項目が本当に必須かどうかきちんと精査することで離脱を防ぎましょう。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]