吉田幸助氏のコラム「成年とは?中年とは?『ふつうのおっさんたたき』」

鈴与シンワート株式会社 2018年07月04日

吉田幸助氏のコラム「成年とは?中年とは?『ふつうのおっさんたたき』」が鈴与シンワートで公開されました。

###
成人年齢が引き下げられるようですね。

1876年(明治9年)に「自今満二十年ヲ以テ丁年(ていねん)ト定ム」と国が定めてから、実に140年ぶり!近代国家になってから日本はずっと成人=二十歳でやってきたのだから、これは大きな変革です!

ただ、酒、煙(タバコ)、賭け事(ギャンブル)を許す年齢は20歳のまま変えないようです。対して借金や購入に関しては、従来、18-19歳は『未成年者取り消し権』で護られていましたが、そこからは外れてしまうと。

更に今回の成人年齢引き上げで、性別変更申し立てができる年齢も18歳に引き下げられるようです。これまで筆者は性別変更に年齢の制限があるということをそもそも知らなかったのですが、この制限も変わるようですね。

ちなみに、明治以前の日本は、数え年15歳になると、「元服」(大人になったことを祝う儀式)ということで、成人として認めていたようです。今よりずっと早かったのですね。

★インドネシアの成人とは?

筆者は今年の5月上旬、インドネシアに出張しておりましたので、参考までにインドネシアの成人について。

現地で『金曜礼拝(イスラム教の重要な義務のひとつ。金曜にモスクに集まり皆でお祈りする)』を見学する機会をいただいたのですが、参加者できるのは成人男性のみと説明を受けました。

成人とは何歳以上を指すのだろう?と疑問を感じ聞いてみたところ、肉体的変化(男性は精通、女性は初潮)をもって『成人』と判断するとのこと。これを境に男性は礼拝に参加し、女性は『ヒジャブ』(イスラム教の女性が頭にかぶっている布)を身につけるようになると。生活が変わるので、けっこう重要。

なんとなくインドネシアの若者は、どことなく大人びているように感じたのは、成人年齢が低いからなのかも?なんて思ったりもしました。早々と大人宣言してしまうのも、悪くないのでは?

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

鈴与シンワート株式会社の関連情報

鈴与シンワート株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]