編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

SPYSCAPEがボンドのアストンマーティンDB5を入手し007ファンにドライブ体験を提供

SPYSCAPE

From: 共同通信PRワイヤー

2018-07-18 10:15

SPYSCAPEがボンドのアストンマーティンDB5を入手し007ファンにドライブ体験を提供

AsiaNet 74423 (1248)

【ニューヨーク2018年7月17日PR Newswire=共同通信JBN】機密情報の世界に特化したエデュテイメント会社SPYSCAPEは、ジェームズ・ボンドのアストンマーティンDB5を2百万英ポンド(260万米ドル)で入手したと発表した。

Photo - (リンク »)

Photo - (リンク »)

これはピアース・ブロスナンが1995年の映画007ゴールデンアイで運転した車である。この車はまさに、ボンドがモナコの上に広がる山でファムク・ヤンセン演じる敵役ゼニア・オナトッポと3分間のレースを繰り広げたときの主役だった。2001年に20万ドルで売却された際、このアイコニックな車はボンド・メモラビリアの中で最も高価な品としてギネス世界記録入りした。

世界中のボンドファンは、ウェブサイトwww.spyscape.com/db5 にサインオンしてオンラインミッションの詳細を受け、この車をプロのドライバーと一緒にドライブしたり、自らがステアリングを握ってドライブしたりする体験のチャンスを得られる。

SPYSCAPEのイアン・オールダカー最高業務責任者(COO)は「スパイ活動は現実とフィクションの両面において、われわれの文化の重要な要素である。われわれは、スパイのファンがこの車を直接体験し、007のドライビングシートに座ってもらえることができ大変うれしく思う」と語った。

▽SPYSCAPEについて
SPYSCAPEは一般の人が奇抜なことをする気を起こさせる。実際のスパイ・ストーリーを使って世界の理解を深め、自らのスキルを使って自分自身の理解を深める。

SPYSCAPEは2018年初めにニューヨーク市にアイコニックな体験型ミュージアムを開設した。これは近代美術館(MoMA)から2ブロック離れた場所にあり、同市で最も人気のある会場の1つになった。ミュージアムは(i)オリジナルのドイツ・エニグマ暗号器、エドワード・スノーデンのBEAMロボット、イランの核遠心分離機を攻撃したサイバー兵器スタックスネットを含む重要なスパイとそれにまつわる品々を集めた現代ミュージアム(ii)暗号作成、暗号解読、特殊作戦レーザートンネル、360度監視ミッション、ハイテクうそ発見器ブースなど没入できる参加型体験(iii)英情報機関の元Head of Trainingによってつくり出された個別のスパイ・プロフィルで、見学者に10の最適なスパイ任務を提示-の3つの要素を特徴にしている。

ウェブサイト (リンク ») を参照するか、ソーシャルメディアの@spyscapeでフォローを。

▽問い合わせ先
Kayla Inanc
+1 646.340.1727
kayla@thedooronline.com

ソース:SPYSCAPE

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]