編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

不足しがちな食物繊維を手軽に摂取したい方にぴったり! 「すっきり青汁」をリニューアル発売

ダイドードリンコ株式会社

From: 共同通信PRワイヤー

2018-07-19 15:00

2018年7月19日

ダイドードリンコ株式会社

不足しがちな食物繊維を手軽に摂取したい方にぴったり!
「すっきり青汁」をリニューアル発売

 ダイドードリンコ株式会社は、「DyDoヘルスケア」シリーズの新商品として、「すっきり青汁」を7月23日(月)よりリニューアル発売いたします。

【画像: (リンク ») 】【画像: (リンク ») 】

「すっきり青汁」開発のポイント
◆国内の成人(20歳以上男女)の食物繊維摂取量の平均値は、目標とされる摂取量※1に達していない状況が続く。
◆北海道産クマザサに、国産野菜6品目と国産の野菜や果物等64品目を自然発酵させたエキスを新たに追加。食物繊維を手軽に摂取したい方へぴったりな商品にリニューアル。
◆粉末タイプのため、水はもちろん、牛乳やヨーグルトなどに混ぜるアレンジメニューも楽しめる。

※1 厚生労働省「日本人の食事摂取基準」(2015年版)より
18~69歳:男性 20g/日以上、女性 18g/日以上。70歳~:男性 19g/日以上、女性 17g/日以上


●開発背景
厚生労働省の調査※2によると、国内の成人(20歳以上男女)の食物繊維摂取量の平均値は14.7g/日と、目標とされる摂取量に達していない状況が続いております。
そこで今回、サツマイモや大麦若葉といった6品の国産野菜と、国産の野菜や果物等64品目を自然発酵させたエキスを新たに加え、食物繊維をより手軽に摂取できる商品として、「すっきり青汁」をリニューアル発売いたします。
※2 平成28年「国民健康・栄養調査」

●商品特長
すっきり青汁
◆北海道産クマザサに国産野菜6品目と植物発酵エキスを追加
食物繊維を多く含んでいる北海道産のクマザサを旬の時期に収穫して使用。新たにサツマイモ、大麦若葉といった6品の国産野菜と、国産の野菜や果物等64品目を自然発酵させたエキスを加えることで、不足しがちな食物繊維を手軽に摂取したい方へぴったりな商品に仕上げました。

【画像: (リンク ») 】

◆乳酸菌を従来品の10倍に増量
従来品よりも10倍に増量した1,000億個の乳酸菌とオリゴ糖を配合。毎日のすっきり快調な生活をサポートします。
◆様々なアレンジメニューが楽しめる
クマザサの抹茶のような味わいに甘みを加え、毎日飲みやすいおいしさに仕上げました。
また溶けやすい粉末タイプのため、水はもちろん、牛乳や豆乳、ヨーグルトなどに混ぜるアレンジメニューもお楽しみいただけます。

【画像: (リンク ») 】

●商品概要
商品名 すっきり青汁
発売日 2018年7月23日(月)
容量 (1日1~3本目安)3g×30本入り
希望小売価格 3,500円(税抜き)
販売チャネル 通信販売(DyDo オンラインショップ (リンク ») )

DyDoグループは、「こころとからだに、おいしいものを。」をスローガンに、高い品質に
いつもサプライズを添えて、「オンリーDyDo」のおいしさと健康をお客様にお届けします。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]