「VPN運用時に障害を迅速に検知するための仕組みづくり 」

SCSK株式会社 ヤマハ / ルーター&スイッチ 2018年07月29日

SCSK株式会社 ネットワークプロダクト部 販売促進課 はシオラボ氏のマイナビ連載コラム「ヤマハルータで作るVPN - 構築からトラブル解決まで」の最新号「VPN運用時に障害を迅速に検知するための仕組みづくり 」を公開しました。

興味がある方はご覧ください。

###

前回・前々回と2回にわたり、VPNを構築する際に発生しがちなトラブルとその解決策について紹介しました。

実際にVPNを構築してから運用が始まると、次は保守のフェーズに入っていきます。運用が始まるとさまざまなトラブルが発生しますが、それらに対処していくのが保守です。近年は、ネットワークが停止するだけで事業に大きな影響を与えてしまうことがあるので、保守は非常に重要なフェーズです。

そのため、保守フェーズでは、ネットワークが停止してしまうようなトラブルを予見することや、万が一、停止に至るトラブルが発生したとしても、それをいち早くキャッチできるような仕組み作りをしておくことが大事です。そのキーワードとなるのが「見える化」です。

今回は、ヤマハルータに搭載されているLANマップを紹介し、ネットワークの見える化について話を進めていきます。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]