コラム : 企業内ネットワーク環境の脆弱性対応とセキュリティ

株式会社Doctor Web Pacific 2018年10月15日

PCまたはスマートフォンにインストールされている従来のアンチウイルスは、悪意のあるコードのダウンロードや起動を防ぎます。また、トラフィックスキャンコンポーネントがインストールされている場合、パッチが適用されていない脆弱性を悪用して攻撃するコードインジェクションからアプリケーションを保護します(例えば、不正な画像、トロイの木馬が脆弱なプログラムに干渉するのを防ぎます。)。

###

しかし、企業では自社の環境に存在する脆弱なすべてのデバイスに対して、アンチウイルスをインストールすることはできません。そのため、企業はネットワークを保護するために、サーバ環境へのウイルス対策ソリューションの採用が推奨されています。メールサーバやゲートウェイ用のウイルス対策ソフトウェアは、PC、サーバ、その他のデバイスによって処理される前に、受信したトラフィックをスキャンします。このようなセキュリティ対策が施された環境の場合、ネットワーク上に存在するコンピュータ上のアプリケーションは、未知またはパッチ適用されていない脆弱性を利用した攻撃から保護されます。

このような典型的なセキュリティ対策を施されたネットワークの構成図は次のようになります。

詳細は以下をご覧ください。
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Doctor Web Pacificの関連情報

株式会社Doctor Web Pacific

株式会社Doctor Web Pacificの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]