Borderless Access(TM)、到達度と洞察再定義の10年間

Borderless Access 2018年10月01日

From 共同通信PRワイヤー

Borderless Access(TM)、到達度と洞察再定義の10年間

AsiaNet 75487

バンガロール(インド)、2018年10月1日/PRニュースワイヤー/ --

Borderless Access(TM)は、オンラインとデジタル市場の調査業界において10年目を終えるにあたり重大な節目を迎えます。現在当社は、適時に、適切なチャンネルを通して、適切な回答者から最良の回答を得るという調査プロセス運営の主力プレーヤーです。

     (ロゴ: (リンク ») )

BRIC諸国に重点を置いたマーケットリサーチのパネル分野におけるパイオニアとして、Borderless Accessの旅は2008年に始まり、今では34市場で371万人の回答者が参加、マーケットリサーチの世界で重要なステークホルダーとしての地位を確立しています。現在は多様な業界セグメントに対応する、革新技術に基づいたマーケットリサーチ製品とソリューションを提供しています。

Borderless Access創立者兼CEOのRuchika Guptaは、次のようにコメントしました。「当社の起業文化と、先を考える能力により、最先端技術に基づくMRソリューションを世に出すことができました。このため自社を米国、英国、ドイツ、ドバイに展開するグローバル企業に転換できたのです。強固な顧客層のみならず、当社を新たな高みに導くエネルギッシュで先進的なチームを作り上げることに重点を置いています」

Borderless Accessは、MRMW 2017の「年間最優秀調査会社賞(Best Research Company of the Year)」、および「レッドへリング・アジア100(Red Herring Asia 100)」を受賞しています。また、両面で見事に適度なバランスを保っているとして、2018年~2019年の「働きがいのある職場(Great Place to Work)」の認定を受けました。

Borderless Access取締役副社長のDushyant Guptaは、「当社は他に先駆けて、クライアント向けのアクショナブルな調査結果を抽出、手配し供給するために受動的行動、予測分析、機械学習などの先端技術を使用しました」と語り、「マーケティングとリサーチの能力により、当社はJ&J、Microsoft、Unilever、Intel、Orange、Etihad、PepsiCoなどのグローバルブランドと共同で調査内容を開発、国際会議でこのような革新的調査技術・方法の結果を発表することができました」と付け加えました。

Borderless Accessについて:

グローバルなデジタルMRソリューション企業であるBorderless Accessは、テクノロジーとコミュニティー分析を通じて、手の届きにくい市場の消費者からMR企業、広告代理店、コンサルタント会社、エンドユーザー企業のグローバルな顧客まで、関係する消費者の体験と人生のひと時へのアクセスを提供します。当社の革新的製品には、Panel Solutions、SmartSight(TM)、HealthSight(TM)、TAPP(TM)などがあります。

メディアお問合せ先:
Anshul Agarwal
Marketing@borderlessaccess.com

ソース: Borderless Access

(日本語リリース:クライアント提供)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]