中高年男性による自殺は月曜日の朝に急増

早稲田大学 2018年10月04日

From 共同通信PRワイヤー

2018.10.04

早稲田大学

中高年男性による自殺は月曜日の朝に急増
性別・年齢グループ別に自殺の起こりやすい曜日・時間帯を特定

早稲田大学政治経済学術院のJeremy Boo(論文執筆当時:同大学院政治学研究科
修士課程2年、現在:ミシガン大学政治学研究科博士課程在籍中)、
上田路子(うえだ みちこ)准教授、および大阪大学大学院国際公共政策研究科の
松林哲也(まつばやし てつや)准教授の研究グループは、
日本国内の41年間(1974年~2014年)の自殺者約90万人の死亡時刻データを調べ、
性別や年齢グループによって自殺で亡くなる曜日や時間帯が異なること、さらに、
経済状況が悪化するにつれ、早朝から通勤時間にかけての中高年男性の
自殺が増加することを明らかにしました。
本調査の結果、中高年男性(40歳~65歳)の自殺が月曜日の朝に集中していることなど、
性別・年齢グループ別に自殺リスクが高まる曜日・時間帯が明らかとなりました。
これにより、従来と比べてより効果的な曜日・時間帯にサポート体制を強化・
充実させることが可能となるため、自殺を防ぐことにつながると期待されています。



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]