Teledyne e2v、Emerald CMOSイメージセンサーシリーズを拡充

Teledyne e2v 2018年10月15日

From JCN Newswire


HONG KONG, Oct 15, 2018 - ( Media OutReach ) - Teledyne Technologiesグループ傘下で、イメージングソリューションの世界的イノベーターであるTeledyne e2vはこのたび、マシンビジョン・高度道路交通システム(ITS)アプリケーション向けに設計された、Emerald CMOSイメージセンサーシリーズの最新製品「Emerald 8M9」のサンプルを出荷開始したことを発表します。

Emerald 8M9は、低ノイズで2.8umと小型なグローバルシャッターピクセルを特徴としています。コンパクトな2/3インチのオプティカルフォーマットで、8.9メガピクセルの高解像度を実現し、他社のCMOSイメージセンサーとの差別化を図っています。多様な性能要件に対応するため、スタンダード(47フレームレート @10ビット)とハイスピード(107フレームレート @10ビット)の2つのモデルを機能制限なしでご用意しています。

同センサーは2.8e-の低読み取りノイズを実現しており、65%の量子効率(QE )と組み合わせにより、低照度条件下でも検査・監視が可能となっております。また、同一画面上のいくつかの領域で、露出時間や領域の位置(ROI)を単独で設定できる独自機能など、アプリケーションが必要とする機能を内蔵しております。この独自機能と高解像度を組み合わせることで、単一のセンサーで、同時にいくつかの車線でナンバープレートの認識を行ったり、同時に検証したりすることが可能となっております。

Teledyne e2vのマーケティング・マネージャーのVincent Richardは、次のように述べています。「Emerald 8M9は、マシンビジョン、高解像度監視、トラフィック・インテリジェンスの需要に対応するために特別に設計されています。本センサーは、さまざまな機能セットを搭載しており、業界では群を抜いています。例えば、リアルタイムHDR(ハイダイナミックレンジ)モードでは、日中から夜間まで、誤検出やぼかしを最小限に抑え、高解像度で速い動きを撮影することができます。」

デバイスサンプルとデモキットは、2019年第1四半期の量産開始を予定しています。詳細は製品情報ページをご参照いただくか、当社までお問い合わせください。 (リンク »)

編集者向け注記:
Teledyne e2vのイノベーションは、ヘルスケア、ライフサイエンス、宇宙、輸送、防衛、セキュリティ、産業用市場の開発をリードしています。

Teledyne e2vでは、市場のニーズやお客様の抱えるアプリケーションの課題に耳を傾け、お客様との協力により、画期的で標準規格を満たすセミ・フルカスタムのイメージングソリューションを提供し、お客様のシステムの価値を向上させるなど、独自のアプローチを展開しています。詳しくはWebリンクをご参照ください。www.e2v.com

Teledyne Imagingについて
Teledyne ImagingはTeledyneブランドの最先端技術企業から構成されるグループです。同グループは、電磁波分野で比類のない専門知識と数十年におよぶ経験を有し、世界トップクラスのセンサー、信号生成・処理機能を提供しています。また、航空宇宙、防衛、地理空間、産業マシンビジョン、医療・ライフサイエンス、半導体・MEMsに画期的なソリューションを提供しています。詳しくはWebリンクをご参照ください。teledyneimaging.com

メディアからのお問い合わせ先:
Yuki.chan @teledyne-e2v.com | + 852 3679 3652

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]