フォースバレー、リクルートキャリアと協業 オンラインプラットフォーム「Connect Job」をリリース

フォースバレー・コンシェルジュ株式会社 2018年10月18日

From 共同通信PRワイヤー

2018年10月18日

フォースバレー・コンシェルジュ株式会社

フォースバレー、リクルートキャリアと協業
オンラインプラットフォーム「Connect Job」をリリース

フォースバレー・コンシェルジュ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:柴崎 洋平、以下フォースバレー) と株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林 大三、以下リクルートキャリア)は、全国の企業にグローバル人材採用の機会を提供するため、オンラインプラットフォーム「Connect Job」を活用した新卒の採用支援において、2018年10月23日に協業を開始いたします。
協業内容:リクルートキャリアから同社取引先企業へのグローバル人材採用支援サービスの周知、営業活動

世界中の高度人材のデータベースを持つフォースバレーは、10月15日に新たなオンラインプラットフォーム「Connect Job」をリリース。日本全国の企業を顧客に持つリクルートキャリアとタッグを組み、大手企業から地方の中小企業まで全ての企業を対象に「Connect Job」の周知、営業活動を展開します。企業に国内の人材に加え、海外からも人材を獲得するソリューションを提供することで、日本の人材不足を補い、国内産業の活性化を目指してまいります。

<人材不足が深刻な日本へ、世界中のグローバル人材を集めます>
国内の人材不足は深刻化しており、生産年齢人口は今後20年で1,249万人減と言われています。※1 一方、世界の人口は増加の一途をたどり、2050年には98億人に達すると言われています。※2  フォースバレーでは、国内外の企業向けにグローバル人材採用支援サービスを提供。国内の人材争奪戦から脱し、海外からも人材を獲得することで日本企業の人材不足を補い、国内産業の活性化を目指す活動を益々加速させてまいります。
※1:出典「総務省 ICT超高齢社会構想会議報告書」2015年~2035年
※2:出典「国際連合 世界人口予測2017年改訂版」

<Connect Job>
世界中の人材と企業をAIマッチングで繋ぐオンラインプラットフォーム。国を越えたリクルーティングに特化した世界初のサービスです。候補者と企業、それぞれが希望する条件をAIでマッチングさせ、自動的に最適な人材と企業を引き合わせます。当面は国内の人材不足が深刻なIT人材(特にAI等の高度IoT関連人材)や日本語人材をターゲットに候補者を集め、雇用先対象は日本企業にフォーカス。世界中のパートナーと連携し2020年に約100万人の候補者の登録を目指します。


【株式会社リクルートキャリアについて】 (リンク »)
株式会社リクルートの人材採用系事業であるHRカンパニーと日本最大級の転職エージェントである株式会社リクルートエージェントとの統合により設立。個人のキャリアと企業の人材戦略に向けた支援サービスを主に提供。
株式会社 リクルートキャリア
設立:1977年11月28日 (商号変更2012年10月1日)
本社:東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー

【フォースバレー・コンシェルジュ株式会社について】 (リンク »)
世界中の人材と企業、大学を繋ぐ国を越えたコンサルティング事業を展開。企業が「必要な人材を必要なタイミングで世界中から採用出来るスキームの構築」を目的に、世界中のグローバル人材を採用するための戦略策定から入社後のリテンションプランまで一気通貫でサポート。
設立:2007年11月26日
本社:東京都千代田区麹町5-3 第7秋山ビルディング6F



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]