「イクメン企業アワード2018」でグランプリを受賞しました

大和ハウス工業株式会社 2018年10月19日

From 共同通信PRワイヤー

2018年10月19日

大和ハウス工業株式会社
代表取締役社長 芳井敬一
大阪市北区梅田3-3-5

住宅・建設・不動産業界初
「イクメン企業アワード2018」でグランプリを受賞しました

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一)は、共働き世帯のために家事の時間的・心理的負担を軽減する戸建住宅「家事シェアハウス」の提案が評価され、厚生労働省が主催する「イクメン企業アワード2018」において、理解促進部門でグランプリを受賞しました。
 今後も当社は、事業を通じて社会課題の解決に取り組むとともに、多様な人財が活躍できるダイバーシティ経営の強化に努めていきます。

■選考委員からの評価コメント
 ~男性が家事に参画しやすい住まいを提案~
  家事を家族が分担して行うことを前提に、スペース配分や家事動線を見直した新しいコンセプトに基づく設計の戸建住宅「家事シェアハウス」で、新たなライフスタイルの訴求を通じて、広く社会に、家事や子育てを女性だけのものにせず、男性も当事者であることの理解を促進。男性や子ども自身が家事等に参画しやすい方法を、自社の商品を通して伝えている点、共働き家庭ならではの日々の悩みの解決に寄り添う姿勢を評価。

■「家事シェアハウス」について
 「家事シェアハウス」は、2016年11月、当社が提案を開始した共働き世帯のために家事の時間的・心理的負担を軽減する戸建住宅です。家事と仕事を両立する女性社員が「夫が協力的なのに負担が減らない」ことに疑問を呈し、夫や子どもたちがこれまで意識が低かった家事にも自然と参画することを目的に誕生しました。
 本提案では、家事に対する妻と、夫の認識の違いを調査し、見落とされがちな家事を「名もなき家事」として可視化。単に家事を分担するのではなく、家事をまるごと家族全員で「シェア」することで家事負担を軽減するための工夫やアイテムを盛り込んでいます。

■ホームページ
(リンク »)


●「イクメン企業アワード」について
 「イクメン企業アワード」は、厚生労働省が主催する育児を積極手に行う男性「イクメン」を応援し、男性の育児休業取得を促進するためのプロジェクトです。2013年から開始し、6回目となりますが、今回から「両立支援部門」に加えて、「理解促進部門」が新設されました。
 「両立支援部門」では、男性従業員の育児と仕事の両立を推進し、業務改善を図る企業を表彰します。「理解促進部門」では、男性が家事や育児に積極的・日常的に参画することを促す企業の対外的取り組みを表彰します。



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]