聖心女子大学が11月8日に駐日バングラデシュ人民共和国大使の講演会を開催 -- 女性大使がバングラデシュの発展による変容と女性の前進を語る

聖心女子大学 2018年10月19日

From Digital PR Platform




聖心女子大学は11月8日(木)に、駐日バングラデシュ人民共和国大使館特命全権大使のラバブ・ファティマ氏の講演会「バングラデシュ:発展による変容と女性の前進」を開催する。これは、女性のキャリア支援の一環として実施するもので、バングラデシュのイメージが変わる話が披露される。どなたでも参加可、参加費無料、要事前申し込み。日本語逐次通訳あり。




 南アジアにあるバングラデシュは、日本の4割ほどの国土に約1億5千万人が暮らすアジア最貧国の一つ。そのため、貧困や難民など負のイメージを持たれがちである。

 このたびの講演会では、駐日バングラデシュ大使のラバブ・ファティマ氏が「発展による変容と女性の前進」をテーマに、それを打ち破る講話を行う。同氏は国連のIOM(国連移住機関:International Organization of Migration)など世界を舞台に活躍しており、2016年からは駐日大使として二国間の交流を推進している。

◆バングラデシュ:発展による変容と女性の前進
 The Developmental transformation of Bangladesh and the advancement of women
【開催日程】2018年11月8日(木)13:30~15:00(受付13:00~)
【会 場】聖心女子大学4号館/聖心グローバルプラザ3階ブリット記念ホール
【講 師】駐日バングラデシュ人民共和国大使館特命全権大使 ラバブ・ファティマ閣下
【参加費】無料、先着100名。要事前申し込み。
【申し込みフォーム】 (リンク »)  
※本講演は本学学生向けの授業を一般に公開するものです。
※日本語逐次通訳あり

【主 催】聖心女子大学人間関係学科研究室
【共 催】聖心女子大学グローバル共生研究所


▼本件に関する問い合わせ先
広報・社会連携部

関 利男
住所:東京都渋谷区広尾4丁目2番24号
TEL:03-3407-5811
FAX:03-3407-5805
メール:jimu-kyosei@u-sacred-heart.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]