拓殖大学陸上競技部が箱根駅伝及び全日本大学女子駅伝壮行会を開催-初の留学生キャプテン・デレセ選手が決意表明-

拓殖大学 2018年10月20日

From Digital PR Platform




拓殖大学陸上競技部が箱根駅伝及び全日本大学女子駅伝壮行会を開催。全日本大学女子駅伝競走大会の初出場を決めた陸上競技部女子チーム、
第30回出雲全日本大学選抜駅伝競走で過去最高の4位を獲得した男子チームが上位入賞に向けて決意表明




創部3年目にして「第24回関東大学女子駅伝対校選手権大会」で7位を獲得し、杜の都仙台で開催される全日本大学女子駅伝競走大会の初出場を決めた陸上競技部女子チーム、また、第30回出雲全日本大学選抜駅伝競走で過去最高の4位を獲得した男子チームは、今年1月の第94回東京箱根間往復大学駅伝競走で8位となり、6年連続40回目の箱根駅伝の出場を決めている。

今秋、男女とも順調な走りを見せている陸上競技部が10月19日、紅陵祭(大学祭)の開催に合わせて同大文京キャンパスにて壮行会を行った。この日から始まった大学祭を楽しむ学生・来場者・関係者らは約200名が集まった壮行会では、部長・監督・コーチの紹介に続き、選手らの自己紹介があった。川名明夫学長は、出場40回目の記念の年となるので、出雲駅伝に続き、箱根路でも飛躍してほしい。また、女子は初めての全国大会となるが、チャレンジ精神で頑張ってほしいと各主将にタスキを授与した。


男子チームのワークナーデレセ主将は、「出雲駅伝に続き、チームワークで上位入賞を狙いたい」、女子チームの佐野英里佳主将は「初出場は今回だけなので精一杯走りたい」、と意気込みを語った。岡田正裕監督は「3位以上を目標とする選手もいるが、確実に5位以内を狙いたい」と決意表明した。
大学祭実行委員会のキャラクター「タッピー」、吹奏楽部・チアリーディング部をはじめとする応援学生による盛大なエールや参加した観客からも激励の拍手が選手に送られた。

大学ホームページ(拓大Sports!)
(リンク »)



▼本件に関する問い合わせ先
拓殖大学 広報室
TEL:03-3947-7160
メール:web_pub@ofc.takushoku-u.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]