公開シンポ「気候変動、エネルギー問題に対応する市民力の育成-SDGs達成に向けた地域/ESDの可能性—」

学校法人立教学院 2018年10月22日

From 共同通信PRワイヤー

2018年10月22日

立教大学

10/28 公開シンポジウム「気候変動、エネルギー問題に対応する市民力の育成-SDGs達成に向けた地域/ESDの可能性—」を開催

日本では、SDGs(持続可能な開発目標)の推進に向けて、省・再生可能エネルギー、気候変動対策、循環型社会等を含む8つの優先課題が挙げられています。本シンポジウムでは、地方自治体が環境・経済・社会の3つの視点から持続可能なまちの将来像をつくり、地域の持つ可能性をどのようにひきだすのか、また市民力の育成にESDはどのように貢献できるのかについて議論します。

概要
1.日時:2018年10月28日(日)13:30~16:30
2.場所:立教大学池袋キャンパス7号館1階 7101教室(東京都豊島区西池袋3-34-1)
3.登壇者:
井田 寛子 氏(気象キャスター・気象予報士)
水野 雅弘 氏(SDGs.TV(株式会社TREE)代表取締役)
堅達 京子 氏(NHKエンタープライズ エグゼクティブ・プロデューサー)
阿部  治(ESD研究所所長、本学社会学部・同研究科教授)
4.対象:本学学生、教職員、校友、一般
 ※一般の方のご参加は事前に以下URLを通じてのお申し込みが必要です( (リンク ») )



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]