コミュニケーションロボット事業の新会社への業務移管について

株式会社CAIメディア 2018年10月23日

From Digital PR Platform


 株式会社CAIメディア(静岡県浜松市中区砂山町348番12号 代表取締役社長 福地 三則)は、2018年10月23日付けをもって、コミュニケーションロボットの企画・開発・製造・販売等に関する業務を、ロボ・スタディ株式会社(静岡県浜松市中区砂山町348番12号 オレンジビル内 代表取締役社長 高地 耕平)に移管することを決定いたしましたので、ご通知申し上げます。






■ 業務移管の目的
 ロボ・スタディ株式会社は、株式会社CAIメディアからの業務移管によりコミュニケーションロボットの企画・開発・製造・販売等をスピードをもって柔軟に行い、社会に必要とされる製品を提供することで、企業価値を高めてまいります。


■ 移管後の事業目標


今後世界で大きく伸びると予測されるコミュニケーションロボット市場で、企画・開発・製造・販売業務に注力し、他社にはない教育効果の高い製品で確固たる地位を築いていくことを目的とします。
最先端のAI技術とともに、各々のユーザーからロボットを通じて得られる様々なビッグデータを解析し、今後の開発に活用することで、今までにないレベルの、人間に優しいコミュニケーションロボットを製作していきます。
語学学習ロボットだけでなく、高齢者の話し相手となり認知症の進行を遅らせる福祉分野のものや、商店や飲食店の店舗で来客に対応するロボット等、様々な場面で活躍できるロボットの開発を目指します。
中国を含めた東南アジア諸国への海外展開に取り組み、売上高の向上を図ります。


以上

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]