核スピン由来のスピン流を世界で初めて検出

国立大学法人東北大学 2018年10月23日

From 共同通信PRワイヤー

2018/10/23

国立大学法人 東北大学

核スピン由来のスピン流を世界で初めて検出
スピントロニクスに新たな可能性

【発表のポイント】
・原子核の自転運動であるスピン(核スピン)から生じるスピン流を検出することに世界で初めて成功した。
・従来伝導電子やスピン波が主な研究対象だった次世代エレクトロニクス・スピントロニクスに核スピンをも利用できる可能性が示唆された

【概要】
東北大学金属材料研究所の塩見雄毅助教(現 東京大学工学部特任講師)とヤナ・ルスティコバ氏(大学院博士課程・日本学術振興会特別研究員)、東北大学材料科学高等研究所の齊藤英治教授(現 東京大学部工学部教授兼任)らは、原子核の自転運動であるスピンの共鳴運動から生じたスピン流の検出に成功しました。この成果により、従来金属中の伝導電子や強磁性体中のスピン波が主な研究対象となっていたスピントロニクスという固体素子研究に、核スピンを取り入れる可能性が拓かれました。

本成果は2018年10月22 日(英国時間)に「Nature Physics」オンライン版で公開されました。

日本語ウェブサイト
(リンク »)



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]