中国初の私立先端研究大学創立式にノーベル賞受賞者が出席

西湖大学(Westlake University) 2018年10月24日

From 共同通信PRワイヤー

中国初の私立先端研究大学創立式にノーベル賞受賞者が出席

AsiaNet 75867 (1920)

【杭州(中国)2018年10月22日PR Newswire=共同通信JBN】中華人民共和国初の民間による研究型大学である西湖大学(Westlake University)が10月20日、杭州の黄龍飯店で創立式を行い、その後、引き続いて将来の高等教育、基礎および橋渡し研究に関するフォーラムを開催した。

同大学の創設を祝い、大学の役割について意見交換を行うため、創立式には著名な学者や教育者が参集、その中には5人のノーベル賞受賞者、北京大学の林建華学長、ワシントン大学(セントルイス)のマーク・S・ライトン学長、香港科技大学のウェイ・シイ学長が含まれていた。

西湖大学の施一公学長は創立式で「西湖大学は300万人の海外留学生や140万人の帰国学生が共通して持つ夢を託された。西湖大学は中国の高等教育改革を切り開く上で貢献してきた。長年にわたり、中国高等教育の開発および革新の促進は教育システムから要求されてきた」と語った。

同大学のキャンパスはライフサイエンス校、科学校、および工学校の3カレッジを擁する。キャンパスには合計10万6000平方メートルの敷地を持つ7つの建物があり、その中に2000人の研究者とアシスタントが働く120の研究所が置かれている。現在、ユングに第2キャンパスが建設中であり、2021年の開校の折には44万6000平方メートルの敷地に約300人の教員、3000人の博士課程の学生が在籍する予定。

西湖は世界レベルの教授陣を組織すべく努力してきた。これまでに、数学、物理学、化学、工学、情報技術、生物学、基礎医学などが専門の68人の著名科学者および学者が参加することになっている。

西湖は開校時から博士課程の学生を受け入れる初めての高等教育機関である。2017年の秋には最初の博士課程の学生19人が入学登録されており、今年入学が許可された120人の学生が式典に出席した。

施学長は「我々の構想では、10から20年の間に西湖大学は中国に設立された明確な中国的な特性を持つ世界に冠たる高等教育機関になるであろう」と述べた。

創設を記念して西湖大学は10月20日、杭州で2つのフォーラムを開き、著名な教育者や科学者を招待した。参加者は高等教育機関の世界的な役割および科学発見の最前線における役割について意見を交換した。

▽西湖大学について
西湖大学は官民にわたる資金調達によって支援される非営利の研究型大学である。西湖大学の前身は西湖高等研究院である。同研究院は2016年12月10日に杭州で創立された。2018年2月14日、西湖大学が中国教育省の認可を受けて創立された。2026年までに西湖大学は約5000人の正規学生、300人の教授、600人のサポートスタッフ、そして約900人の博士課程終了後のフェローを擁すると想定されている。

ソース:Westlake University

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]