”スマホアプリ紹介”何故人は池に硬貨を投げてしまうのか「ふつうのコイン落とし」”

鈴与シンワート株式会社 2018年11月19日

鈴与シンワートは吉田幸助氏のコラム”スマホアプリ紹介”何故人は池に硬貨を投げてしまうのか「ふつうのコイン落とし」”を公開しました。

###
今や新宿名物ともいえる『巨大な怪獣の頭のオブジェ』のあるあのエリア。今でこそ真新しいお店が立ち並ぶ先端スポットとして生まれ変わりましたが、以前はもっとダークな雰囲気だったように思います。『新宿コマ劇前』と呼ばれていたあの場所。

筆者が若かりし頃、仲間と夜遊びに行く際の待ち合わせ場所として、よく利用しました。まぁ、新宿と言えばアルタ前が待ち合わせの定番ですが、向こうは日のあたる連中向けというか、女性向けというか。筆者だけかもしれませんが、男同士の待ち合わせでは、どちらかというと『新宿コマ劇前』を使う傾向がありました。

あの場所は、あの頃の新宿の『ダーク感』というか、淀みというか、他の場所にはない独特の空気のうねりがあったように思います。「殴られ屋」と書かれたプレートを首に掛けた一分間千円で殴り放題という不思議な方とかいました。今、どこで何をしているのでしょうか…

さて、そんな新宿ですが、当時コマ劇前と呼ばれたあの場所に、以前は噴水とかありました。その頃筆者はまだ学生で、一気飲みの全盛期ということもあり、新宿では毎夜、泥酔した前後不覚な若者が溢れていました。泥酔した若者が噴水に飛び込んだという武勇伝(?)もチラホラ。若者は気分が高ぶると水に飛び込みたくなるのかもしれません。道頓堀同様。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

鈴与シンワート株式会社の関連情報

鈴与シンワート株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]