編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

Commscope社(米国)のDCIMソフトウェア、 iTRACS DCIMをDC ASIAが販売開始

iTRACS DCIM(Data Center Infrastructure Management system)は、 長い歴史と実績を持つデータセンター / サーバールームの運用管理システムです。

株式会社DC ASIA

2018-11-21 10:00

株式会社DC ASIA(東京都渋谷区)は、iiSolutions Pty Ltd.(豪州)とiTRACS DCIMソフトウェアに関する日本国内での販売に向けたリセラーパートナー契約を締結し、2018年11月21日より販売を開始します。
■ iTRACS DCIMについて
iTRACS DCIMプラットフォームは、IT資産および接続管理から設備リソース管理(スペース、電力および冷却)、キャパシティプランニングまで、ITインフラストラクチャ管理における主要課題に対する必要なソリューションを提供します。 iTRACS DCIMは、管理設備内における機器の移動・追加・移設・撤去、あるいは障害の発生が、設備内の他の機器のパフォーマンスにどのように影響するかを理解します。ユーザーは、仮想的に視覚化された3Dバーチャル環境でリアルタイムに更新される情報を容易に理解でき、ビジネスのニーズに迅速に対応することができるようになります。
iTRACS DCIMは、開発当初より培ってきた配線管理とIT資産管理機能に強みを持つ長い歴史と実績を持つ統合型DCIM運用管理ツールの一つです。特にIT機器・設備の徹底した資産管理や配線管理をしっかりと管理されたいニーズに対し最高のコストパフォーマンスを発揮します。

■ DCIMとは
DCIMは、データセンターのインフラストラクチャの計画と設計を改善する為の新しいクラスのソフトウェアであり、データセンター運営者が効率的なデータセンター運用を実現する為のソフトウェアです。従来、一般的に利用されているExcelやVisio、独自データベースなどを置き換えて利用します。 DCIMは、サーバールーム・データセンターの運用、施設、ITといった組織間で情報を共有し、その情報を最大限活用出来るようにするグループウェアです。

■ iTRACS DCIMの実績
iTRACS は、30年以上に渡り小規模なサーバールームから、超大規模の最先端データセンターまで全世界で1,100社を超える企業に導入されています。
日本国内においても、金融・製造・通信・教育・サービス業など多岐に渡る業界に導入されています。

■ この記事に関するお問い合わせ先
株式会社DC ASIA、03-6362-6990、info@dcasia-ltd.com

■ 株式会社DC ASIAについて
株式会社DC ASIAは、Green IT事業とデータセンター教育事業を専門とした企業であり、ニスコム株式会社のグループ会社です。

■ Commscope Inc.(米国), iiSolutions Pty Ltd.(豪州)について
Commscope Inc.は、米国ノースカロライナ州に本社を置き、インフラネットワークソリューションを提供するグローバル企業です。iTRACS はその関連子会社であるiTRACS Corporation Inc.(米国)が開発したソフトウェア製品です。
iiSolutions Pty Ltd.(豪州)は、アジアパシフィック地域におけるiTRACS

このプレスリリースの付帯情報

iTRACS DCIM

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]