主要オンライン証券初!「音声入力注文」を取引ツールに導入

マネックス証券株式会社 2018年12月03日

From PR TIMES

~日本株取引ツール「トレードステーション」に新注文機能を追加~

マネックス証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:松本大、以下「マネックス証券」)は、アクティブトレーダー向けの日本株取引ツール「トレードステーション」に、新注文機能を追加いたしましたので、お知らせします。



 今回新たに追加した注文機能は、「音声入力注文」機能と、機関投資家が用いてきた注文方法を簡単な操作で実現できる3 種類の「アルゴリズム注文」機能です。「音声入力注文」の取引ツールへの導入は主要オンライン証券(※1)では初となります。

■追加機能の概要
(1)主要オンライン証券初の「音声入力注文」取引ツール導入
  「音声入力注文」は、音声をリアルタイムにテキスト変換して注文入力を行う機能です。当初は、価格・
 株数・有効期間などに限定して提供をいたします。今後は、銘柄検索から注文確認まで、段階的に音声入力の範
 囲を拡大し、キーボード/マウスによる操作よりも高速な完全ハンズフリーでの注文入力の実現を目指してまい
 ります。
  なお、主要オンライン証券で「音声入力注文」を提供するのは、マネックス証券が初めてです。また、「音声
 入力注文」は、音声認識の基盤にAndroid スマートフォンやGoogle™社のAI スピーカー「Google Home」の
 コアテクノロジーを用いた「Google CloudSpeech API」を採用しています。
 <機能イメージ>
[画像1: (リンク ») ]


(2)相場状況に応じたトレード戦略を実現する、3 つのアルゴリズム注文
  アルゴリズム注文には3 つの機能を追加いたします。「アイス注文」「ハンター注文」「スライス注文」で
 す。いずれの注文も、入力後に取引アプリが相場状況を監視して発注されるため、注文入力や相場状況を監視す
 る負担が軽減されます。

 1. 「アイス注文」
  株数の多い注文を指定回数に分割し、分割した数量が約定するごとに残りの数量を自動的に発注する注文方法
  です。
  出来高の少ない銘柄で、自身の注文を目立たせることなく、分割して注文を自動的に執行することが可能にな
  ります。
[画像2: (リンク ») ]


 2. 「ハンター注文」
  指定した価格の気配が出るまでは注文を待機状態にし、気配が出たら瞬時に発注する、約定しなかった数量は
  取消して、市場に自身の注文を残さないようにする注文です。
  流動性がない銘柄で、指定した価格に売り注文が来たときにだけ、買い注文を出したい場合に、注文を自動的
  に執行することが可能になります。
[画像3: (リンク ») ]


 3. 「スライス注文」
  大量の注文を指定回数に分割し、自動的に発注する注文方法です。アイス注文と違い、分割した注文の約定を
  待たずに一気に発注するので、手動による分割発注よりも高速な発注が可能になります。
[画像4: (リンク ») ]


 これらのアルゴリズム注文を活用することで、注文数量の多い投資家や、新興市場を中心とする中小型株を好む投資家が、相場状況に応じたトレード戦略を正確かつスピーディーに実行することが可能となります。

 「音声入力注文」および「アイス注文」「ハンター注文」「スライス注文」の詳細は、「トレードステーション」特設サイト( (リンク ») )をご覧ください。

※1 2018 年12 月3 日現在、マネックス証券調べ。主要オンライン証券とは、SBI 証券・カブドットコム証券・松井証券・楽天証券・マネックス証券を指します。

■「トレードステーション」について
 「トレードステーション」は、米国でオンライン証券事業を営むグループ会社TradeStation Securities, Inc.およびTradeStation Technologies, Inc.が米国で提供するダウンロード型の取引ツール「TradeStation(R)」を、日本株取引用に開発した取引ツールです。「TradeStation(R)」は、アクティブトレーダー向けの取引ツールとして知られており、米国金融情報紙「バロンズ」にてアクティブトレーダー部門最高位を2011 年から8 年連続で獲得するなど高く評価されています。
 マネックス証券は、この「TradeStation(R)」の優れた機能を活かすと共に、日本のアクティブトレーダーの声を取り入れ、日本株取引に適したトレーディングを行える「トレードステーション」を開発しました。2016 年8 月よりアクティブトレーダーの皆様を中心にご利用いただいており、「トレードステーション」ならではの高機能を高く評価いただいております。

 マネックス証券は、従来よりお客様の最善の利益を図ること等を目的に業務運営や情報提供等を行っており、2017 年 6 月 22 日(木)には「お客様本位の業務運営に関する方針」を発表しました。今後も個人投資家の豊かな資産形成に資するべく投資情報やサービスの拡充に努めてまいります。

                                              以 上

【日本株取引ツール「トレードステーション」における国内上場有価証券取引に関する重要事項】
<リスク>
国内株式および国内ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「国内株式等」)の売買では、株価等の価格の変動や発行者等の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。また、国内ETF 等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。信用取引では、元本(保証金)
に比べ、取引額が最大3.3 倍程度となる可能性があるため、価格、上記各指数等の変動、または発行者の信用状況の悪化等により元本を上回る損失(元本超過損)が生じることがあります。
<保証金の額または計算方法>
信用取引では、売買金額の30%以上かつ30 万円以上の保証金が必要です。
<手数料等(税抜)>
国内株式等のインターネット売買手数料は、一日の約定金額1,000 万円ごとに最大5,000 円かかります。単元未満株のインターネット売買手数料は、約定金額に対し0.5%(最低手数料48 円)を乗じた額がかかります。国内ETF 等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。

なお、当社が定める一定の条件を満たすお客様向けの特別手数料を用意しています。詳細はウェブサイトをご覧ください。
<その他>
お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」( (リンク ») )および「日本株取引サービス『トレードステーション』に係るご注意事項」( (リンク ») )を必ずお読みください。

【マネックス証券株式会社について】
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165 号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

マネックス証券株式会社の関連情報

マネックス証券株式会社

マネックス証券株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]