サイオス、マネックス証券の個人投資家向けツールをOSSで構築

ZDNet Japan Staff

2010-10-01 20:07

 サイオステクノロジー(サイオス)は10月1日、マネックス証券が同日より提供を開始した資産設計アドバイスツール「MONEX VISION β」の開発を行ったと発表した。今回サイオスでは、オープンソースソフトウェア(OSS)を使い、システム基盤の構築から、アプリケーションソフトウェアの開発支援までの開発業務に参画したとしている。

 MONEX VISION βは、マネックス証券の約130万の口座保有者向けのオンラインツール。長期分散投資の視点で個人投資家の資産設計をサポートする機能を持つ。

 同システムの基盤部分は、OSに「Red Hat Enterprise Linux」、データベースに「Postgres Plus」、アプリケーションサーバに「JBoss Enterprise Middleware」を採用しているという。またデータベースには、サイオスのHAクラスタソフトウェア「LifeKeeper」を組み合わせて、万が一のシステム障害発生時にもサービスの継続稼動を支援するシステム設計になっているという。

 今回、同ツールの開発にあたってOSSを導入した理由については、「投資コストを抑えつつ、システムの拡張性や柔軟性を担保するため」と説明している。サイオスでは、これらの課題を解決するためOSSの導入を提案。 OSSを活用することにより投資コストを抑えつつ、OSSと商用のソフトウェアを適材適所で採用することで、想定されうるユーザー数の急増にも十分耐える拡張性の高いシステムが実現したとしている。

マネックス証券「MONEX VISION β」のシステム構成図 マネックス証券「MONEX VISION β」のシステム構成図

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]