編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

知識ゼロでOK! 月々5000円からでOK! のお得な投資とは?

株式会社扶桑社

From: PR TIMES

2018-12-06 11:40

“年金のプロ”と“積立王子”が、「老後の資産形成をするのに最適!」として話題の「iDeCo」と「つみたてNISA」を超わかりやすく解説!

話題の新刊ムック『“税金ゼロ”でお得すぎ! iDeCoとつみたてNISAにダブル投資入門』



「貯金じゃダメ! お金に働いてもらいましょう」
「なぜ投資するのか? なぜ今なのか? が、わかります」

人生100年時代の到来。長生きできるのはいいですが、その分、老後資金の不安は募ります。年金はあるものの、それだけで安心とは言えません。とはいえ、「投資は怖い」「投資できるほど家計に余裕はない」という人は多いことでしょう。
そんな人にうってつけなのが、「iDeCo(個人型確定拠出年金)」と「つみたてNISA」です。
「少額からできる」「節税効果があってお得」など、「投資初心者が老後の資産形成をするのに最適」として話題です。
最近では、この「iDeCo」と「つみたてNISA」を比較し、「どっちを選べばいいの?」という内容の記事もよく見ます。
しかし、「どっちかじゃなくて、ダブル投資してトリプルメリットを受けましょう!」と提唱するのが、‟年金のプロ”である井戸美枝氏と、“積立王子”として知られるセゾン投信の中野晴啓氏です。
[画像1: (リンク ») ]


まず、iDeCoには非常に手厚い、以下の非課税メリットがあります。
●掛金は全額所得控除
●運用益が非課税
●将来、年金や一時金で受け取る際にも各種控除がある

そしてつみたてNISAは、運用益が非課税 になります。
つまり、iDeCoとつみたてNISAにダブル投資した場合、運用期間中だけを考えても、
1.iDeCoの掛金控除
2.iDeCoの運用益が非課税
3.つみたてNISAの運用益が非課税
という、トルプルメリットを享受できることになるのです!
[画像2: (リンク ») ]

こうしたお得な制度の仕組みと運用術を、井戸氏と中野氏が超わかりやすく解説したのが、本書『“税金ゼロ”でお得すぎ! iDeCoとつみたてNISAにダブル投資入門』です。
「誰でも、いつからでも始められる、老後資金を着実に増やすお得な投資」として注目のiDeCoとつみたてNISAの魅力がこれ一冊で分かる、老後資金に不安を抱える人たちには是非オススメしたい一冊です。
[画像3: (リンク ») ]


■本書の内容より
 第1章 人生100年時代を前に、今の生活をチェック
 第2章 定年後の生活をイメージしましょう
 第3章 自己防衛の決定版!「iDeCo」と「つみたてNISA」徹底紹介!
 第4章 iDeCoとつみたてNISAの最強運用術
 第5章 ダブル投資でトリプルお得!
 第6章 これで不安解消!投資と積立Q&A
 第7章 30代・40代・50代の 「こんなに増えた!」リアル体験談……etc.

■著者プロフィール
井戸 美枝(いど みえ)
CFP、社会保険労務士など。
神戸市生まれ。講演や執筆、テレビ、ラジオ出演などを通じ、生活に身近な経済問題をはじめ、年金・社会保障問題を専門とする。社会保障審議会企業年金部会委員。経済エッセイストとして活動。『100歳までお金に苦労しない 定年夫婦になる!』(集英社)、『大図解 届け出だけでもらえるお金』(プレジデント社)、また自身の介護体験を元に執筆した『身近な人が元気なうちに話しておきたい お金のこと 介護のこと』(東洋経済新報社)など著書多数。

中野 晴啓(なかの はるひろ)
セゾン投信株式会社代表取締役社長。
東京都生まれ。1987年、現在の株式会社クレディセゾン入社。セゾングループでの投資顧問事業の立ち上げ、クレディセゾン インベストメント事業部長を経て、2006年にセゾン投信設立、2007年4月より現職。販売会社を介さず資産形成世代を中心に直接販売を行っている。近著に『お金のウソ』(ダイヤモンド社)、『はじめての人が投資信託で成功するたった1つの方法』(アスコム)など多数。

■購入リンク
Amazon
(リンク »)
楽天市場
(リンク »)
[画像4: (リンク ») ]



■新刊概要
『“税金ゼロ”でお得すぎ! iDeCoとつみたてNISAにダブル投資入門 』
著者 : 井戸 美枝 中野 晴啓
発売 : 2018年11月29日
定価 : 1080円(本体1000円+税)
判型&体裁: A4判変型並製
頁数 :  96頁
発売元 : 株式会社 扶桑社
ISBN :9784594613532
URL : (リンク »)


【本件に関するお問合せは】
株式会社扶桑社 書籍第2編集部
電話:03-6368-8870 FAX:03-6368-8816
株式会社扶桑社 宣伝部
電話:03-6368-8864 FAX:03-6368-8807

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]