あの「湯~園地」計画から2年、 別府市による新たなトライ!ラグビーと温泉の融合による世界最強のおもてなし~別府市 「NO SIDE」 プロジェクト スタート 

大分県別府市 2019年01月07日

From PR TIMES

市民200人以上が参加、世界一ホットな“ウォー・クライ”ムービー  (リンク »)

大分県別府市では、本年9月に開幕を控えた「ラグビーワールドカップ2019(TM) 日本大会」にむけて、ラグビーと温泉を融合させた世界最強のおもてなしを目指す「NO SIDE」プロジェクトを発足。本日1月7日より、総勢200人以上の市民が参加した世界一ホットな“ウォー・クライ”ムービー「NO SIDE - BEPPU CITY( (リンク ») )」を全世界にむけて公開いたします。




■ラグビーと温泉の融合を目指す、別府市ならではのおもてなしプロジェクト
別府市は、2019年9月20日~11月2日に開催予定の「ラグビーワールドカップ2019™ 日本大会」における公認キャンプ地として、ニュージーランド、オーストラリア、ウェールズ代表チームを市内に迎える予定となっており、多くのラグビーファンの来訪が見込まれています。そのおもてなしにむけた別府市ならではのコンセプトが、“ラグビーと温泉の融合”です。

別府市では2016年11月に、遊園地と温泉を融合させた「湯~園地」計画を発表。100万再生で実現を掲げた公約発表ムービーは世界各国で話題となり、2017年7月には実際に別府市内での開園にいたりました。

その経験を活かし“温泉という世界最強のアトラクションで、世界最強のラガーマンとラガーファンにむけた、おもてなしを開発したい”そんな想いから立ち上がった、「NO SIDE」プロジェクトを通じ、市一丸となって様々な取り組みを展開して参ります。
[画像1: (リンク ») ]


■ラグビーと温泉の共通点の研究から生まれた、学べるおもてなしムービー
本日、全世界にむけて公開した「NO SIDE - BEPPU CITY 」は、“ラグビーと温泉の融合”を文字通り体現したプロジェクトムービーです。1人の青年が温泉の魅力を存分に堪能する入湯シーンから始まる映像は、青年がキーアイテムとなる“湯桶”を手に取った時から大きく変化します。バスタオル1枚で“湯桶”を片手に走り出す青年に、その“湯桶”を奪おうと次々と攻撃をしかけてくる屈強な男性たち。激しい肉体と肉体のぶつかり合いが続く中、青年は後方に現れた仲間に“湯桶”をパスしたり、時にはスクラムを組んだりしながら、温泉街を駆け抜けゴールを目指します。

世界中の人々を熱くする“ラグビー”と“温泉”の共通点を徹底的に研究し、それらのエッセンスを凝縮することで、ラグビーファンと温泉ファンの双方にそれぞれの魅力をアピールすることを試みました。“湯桶”を中心に繰り広げられる様々なシーンは、実際のラグビーの試合を観戦する上で役立つ様々なルールや技の解説にもなっており、ストーリーを追いながら本格的なラグビーのプレイを自然に学べるようになっています。
[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]




■現役ラグビー部員から市役所職員、一般市民まで。総勢200人以上の市民が参加した世界一ホットな“ウォー・クライ”
動画のクライマックスでは、様々な困難をくぐり抜けて競技場に到着した青年を、別府市民たちが迎え、全員で“湯桶”を手に大合唱。バスタオル1枚でおもてなしのダンスを踊ります。これはラグビーの試合開始前に強豪チームなどが踊る“ウォー・クライ(※)”をモチーフに振付師のair:man(エアマン)さんが開発したオリジナルダンスで、別府市一丸となっての世界最強のおもてなしに向けた意気込みがこめられています。
※ウォー・クライ: 試合前にチーム全員で行う鬨(とき)の声と踊り。手を叩き足を踏み鳴らして叫ぶことで、力を誇示し、気勢を高める。

ムービーの制作に際しては、ラグビー経験者を中心にした総勢200人以上の市民ボランティアが参加。市内の高校の現役ラグビー部員や顧問、ラグビー経験のある市役所職員や、実際におもてなしにあたる一般市民まで、様々な市民が一丸となって完成にこぎつけました。実際にムービーが撮影されたのは11月下旬で、最低気温5度となる日でしたが、参加した市民は全員が自宅から持ち込んだ“マイ湯桶”を手に、バスタオル1枚で全15テイクの撮影にトライ。別府市民のおもてなしへの熱気が詰まった、世界一ホットな“ウォー・クライ”となりました。

別府市では、本動画の発表を皮切りに、様々なおもてなしの取り組みを進めて参ります。

【動画概要】
・動画タイトル:「 NO SIDE - BEPPU CITY 」
・公開日時:2019年1月7日正午
・公開URL: (リンク »)
・制作主体:大分県別府市
・企画・制作:Invisible Designs Lab+Drill


[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]

[動画: (リンク ») ]




<参考資料1.別府市長コメント>
2016年11月、温泉の魅力を広く世界にアピールしたいという想いと実現不可能とも思える公約を描いた1本のムービーは、世界中で大きな反響をよび、予想をはるかに超える勢いで100万再生を達成しました。当初は「やってしまった感」でいっぱいだったものの、そこから別府市全体が一丸となって知恵と力を出し合い、最終的には世界にも例のない「湯~園地」という大きなイベントの実現につながりました。このプロジェクトを通じて改めて実感したのはそして温泉というコンテンツの強さと、別府市ならびに市民の、皆様の持つ大きなポテンシャルです。

別府市では、2015年よりラグビーW杯2019別府キャンプ誘致プロジェクトを進めており、これまでラグビーを通じて様々な国や地域との交流を進め、2018年の公認キャンプ地内定以降も、代表チームやファンの皆様に快適に滞在していただくための様々な準備を進めて参りました。いよいよ開催年となった2019年、改めて市民の皆様とともに、世界にむけて別府の心意気とポテンシャルを発信したいと考えました。ラグビーと温泉を愛する市民が一丸となって撮影されたムービーには、世界にむけた別府の熱い意気込みが込められています。温泉街ならではのおもてなしを楽しみに、世界から別府に多くの人が訪れてくれることを心から願います。

2019年1月7日
別府市長 長野 恭紘(ながの やすひろ)

<参考資料2.温泉×ラグビーの融合例>
[画像7: (リンク ») ]




<参考資料3.おもてなしウォー・クライ>
作詞 : 西田淳・清川進也
作曲 : 清川進也
ボーカル:スウィンキーさん&別府市民
振付:振付稼業air:man

英語歌詞
One for all, all for one
This is for all rugby lovers in the world oh oh oh

Form a scrum and welcome all
World-famous Beppu Yeah!!!

All prepped and ready, it’s “Furo-time”
Rugby, hot springs and no side… welcome~!

日本語訳
ひとりはみんなのために、
みんなはひとつの目的のために

世界中のラグビーラバーのために
スクラム組んでおもてなす
ここは世界最強の温泉街別府だよ
準備万端 フロタイム ♨️

ラグビー、温泉、ノーサイド

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]