編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

学生発案による実践型防災訓練を中央大学後楽園キャンパスで初開催 -- 来るべき災害時、あなたは動けますか?

中央大学

From: Digital PR Platform

2019-01-08 14:05




2019年1月15日(火)13:00~17:00、中央大学後楽園キャンパス5号館にて、中央大学の学生および教職員、文京区在住の方を対象に、実践型防災訓練を実施します。後楽園キャンパスの構成員が中央大学の防災システムを共有し、見直す機会とすること、被災時の心理を疑似体験し、学生と教職員の自己防衛力を強化することを目的に、中央大学ボランティアセンター公認団体である「りこボラ!」の学生による発案で、初めて開催するものです。




■ 概要
【日 時】 2019年1月15日(火)13:00~17:00
【場 所】 中央大学 後楽園キャンパス 5号館
【対 象】 中央大学理工学部学生、理工学研究科生、中央大学教職員、文京区在住の方(ご招待者のみ)
【内 容】
・13:00~13:05 開会の挨拶(担当:りこボラ!防災企画運営メンバー)
・13:05~13:15 後楽園キャンパス防火管理者(庶務課長)による現状対策の説明
・13:15~16:15
 講師:NPO法人エヌセルフディフェンス代表理事 進士 智幸 氏
(1)座学講義「都市型災害時に大学で起こりやすい危険」
(2)緊急時対応部隊(ERT)の編成を想定した体験型実践訓練
 内容:15~20人のチームを編成し、救助者側と要救助者側に分かれます。
    完全な暗室内においてサイレン音等、被災現場の臨場感を再現し、要救助者の救助と災害心理を疑似体験します。
・16:15~16:25 休憩
・16:25~16:55 振り返り
・16:55~17:00 閉会の挨拶(担当:りこボラ!防災企画運営メンバー)
【主 催】 中央大学ボランティアセンター公認学生団体「りこボラ!」
【協 力】 特定非営利活動法人NSDL(N Self Defense Laboratory)


▽本件に関するお問い合わせ
 中央大学ボランティアセンター
 TEL: 042-674-3487
 Email: chuo_volunteer@tamajs.chuo-u.ac.jp


▽取材に関するお問い合わせ
 中央大学広報室
 TEL: 042-674-2050
 Email: kk@tamajs.chuo-u.ac.jp


※ご取材いただける場合は、添付の「取材申込書」にご記入のうえ、1月10日(木)までに中央大学広報室までご返送ください。何卒よろしくお願い申し上げます。

【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]