テレダイン・レクロイ、次世代USB、USB3.2コンプライアンス試験ソフトウェアを発表

テレダイン・レクロイ・ジャパン株式会社 2019年01月09日

テレダイン・レクロイ・ジャパン株式会社(代表取締役 原 直)は本日、USB3.2 コンプライアンス試験ソフトウェアQPHY-USB3.2-Tx-Rxを発表しました。
USB3.2はUSB-IFが策定したUSB (Universal Serial Bus)の最新版仕様であり、Type-Cコネクタでマルチレーン動作を可能にします。この仕様拡張に対応し、従来USB3.1規格対応のQPHY-USB3.1-Tx-Rxコンプライアンス試験ソフトウェアをアップグレードしました。このQPHY-USB3.2-Tx-Rxコンプライアンス試験ソフトウェアは、USB3.2のトランスミッタおよびレシーバ試験を高度に自動化して実行します。 なお、このオプションは16GHz帯域以上のテレダイン・レクロイ社製オシロスコープで動作します。

【USB3.2仕様】
新しいUSB3.2仕様は下の表のように、従来のUSB3.0およびUSB3.1仕様を包含します。QPHY-USB3.2-Tx-Rxコンプライアンス試験ソフトウェアでは、これらすべての仕様に対応した試験を実施することができます。

【高度に自動化されたコンプライアンス試験】
トランスミッタ試験は、16GHz以上の広帯域デジタル・オシロスコープを用いて行い、レシーバ試験は、弊社のビットエラーレート・テスタ (PeRT3)を用いて行います。QPHY-USB3.2-Tx-Rxコンプライアンス試験ソフトウェアは、自動コンプライアンス試験フレームワークを利用しており、接続図の表示、オシロスコープの自動制御、試験レポートの自動作成をサポートします。

【トランスミッタ測定項目】
 ・ Low Frequency Periodic Signaling (LFPS)
 ・ スペクトラム拡散試験
 ・ ジッタ
 ・ Phase Jitter Slew Rate
 ・ Eyeパターン
 ・ AC and DC コモンモード電圧
 ・ 差動電圧
 ・ デエンファシス

【レシーバ測定項目】
 ・ Gen1 - ロング・チャンネル ジッタ耐性
 ・ Gen1 - ショート・チャンネル ジッタ耐性
 ・ Gen1 - LFPS Rx 試験
 ・ Gen2 - ロング・チャンネル ジッタ耐性
 ・ Gen2 - ショート・チャンネル ジッタ耐性


【オーダー・インフォメーション】
製品名             仕様                 価格(税別)
QPHY-USB3.2-Tx-Rx  USB3.2コンプライアンス試験ソフトウェア  126万円


【弊社WebサイトのURL】
(リンク »)

【Teledyne LeCroy Inc.について】
Teledyne LeCroy Inc. は最先端の高度な測定・解析が行える計測機器を製造、販売しています。Teledyne LeCroy Inc.が提供する高性能のデジタル・オシロスコープおよびシリアル・データ・アナライザ、プロトコル・アナライザは多くの分野の電子設計技術者に幅広く利用されています。Teledyne LeCroy Inc.はニューヨーク州チェストナットリッジに本社を置いています。詳細については、ウェブサイト( (リンク ») )をご参照ください。
なお、製品の仕様や発表内容は、予告なく変更されることがあります。

【この発表に関する問い合わせ先】
テレダイン・レクロイ・ジャパン株式会社
〒183-0006 東京都府中市緑町3-11-5
マーケティング・センター
Tel: 042-402-9400(代表) Fax: 042-402-9586
Email: contact.jp@teledynelecroy.com
(リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

USB3.2コンプライアンス試験ソフトウェア

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

テレダイン・レクロイ・ジャパン株式会社の関連情報

テレダイン・レクロイ・ジャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]