編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

株式会社クライム、VMware vSphere対応のストレージ仮想化ソリューション「StarWind Virtual SAN (VSAN) for vSphere」を販売開始

株式会社クライム

2019-01-17 12:00

株式会社クライム(本社:東京都中央区)は米国StarWind Software社が開発したVMware vSphere対応のストレージ仮想化ソリューション「StarWind Virtual SAN (VSAN) for vSphere」を1月17日販売開始することを発表しました。
StarWind VSAN for vSphereはアクティブ・アクティブのHAアーキテクチャを持ち、vSphereハイパーバイザ間でホスト内部のハード・ディスクとフラッシュを簡単にミラーリングし、共有ストレージを作成可能です。これにより、物理的な共有ストレージは不要になり、最小限のリソースで高いパフォーマンスとデータの高可用性(HA)を実現できます。

■StarWind Virtual SAN for vSphereの主の機能:
【堅固な信頼性】
●グリッド・アーキテクチャによるフォールトトレラントなクラスタ構成により複数ノード障害時にも動作可能

【高パフォーマンス】
●データ・ローカリティによる高速I/Oとログ構造ライトキャッシュによる仮想化ワークロードの書き込み最適化

【管理と運用が簡単】
●WebベースUIによる容易な操作、スケールアップ、スケールアウトどちらにも対応、自動ストレージ階層化によるストレージの最適利用

【エンタープライズ・クラス機能】
●ホスト間ミラーリング、ストレッチクラスタ対応

【中堅企業にとっても高い経済性のHAストレージ構築】
●安価な汎用ハードウェア(汎用のx64サーバ、MLCフラッシュ、ハード・ディスクなど)から、高性能なSAS、SLC、3D NANDフラッシュ、10/25/50/100 GbEネットワーキングまで幅広く利用可能

【サーバ・クラスタ(ハイパーコンバージド)と共有ストレージ(コンバージド)どちらにも対応】

【VTL(バーチャルテープライブラリ)機能(オプション)】

■ ライセンス
2ホスト専用のSMB & ROBOエディション、3ホスト専用のESSENTIALSエディション、1ホストから制限数のないENTERPRISEエディションの3種類を準備(3エディションとも容量は無制限)

■市場想定価格(税別):
ENTERPRISEエディション:500,000円/ホストから

■評価申込について:
StarWind Virtual SAN (VSAN) for vSphere評価版は クライムのWebサイトから申込することができます。
(リンク »)

■ 株式会社クライムについて
株式会社クライムは1984年に設立され、アプリケーション開発、ソフトウェア輸入販売サポート、Webコンテンツ企画・制作、米国企業日本市場参入支援、技術者派遣サービスを提供しています。自社コンテンツとして日本市場と米ITベンチャーを結ぶ情報ゲートウェイ「Silicon Valley Gateway」などがあります。

所在地: 東京都中央区日本橋蛎殻町1-36-7
TEL  : 03-3660-9336
FAX  : 03-3660-9337
URL  : (リンク »)

■ StarWind Software社について
StarWind Software社はストレージ仮想化とiSCSIストレージ技術のパイオニア企業です。本社を米国マサセッチュー州に置き、製品は全世界的の多くのユーザに利用されています。

【本件に関するお問合せ先】
株式会社クライム ソフトウェア営業部
TEL:03-3660-9336 
FAX:03-3660-9337
Email: soft@climb.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

StarWind Virtual SAN (VSAN) for vSphere

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社クライムの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]