編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

Infor、将来的な新規株式公開(IPO)に先立ち15億ドルの投資を発表

インフォアジャパン株式会社

From: DreamNews

2019-01-17 12:00


 あらゆる業界に特化したクラウド型業務ソフトウェアを展開する米Infor(以下インフォア)は、インフォアの株主であるKoch Equity Development LLC (以下KED)およびGolden Gate Capitalからの15億ドルの投資に合意したことを発表しました。
 この投資は、KEDによる2017年初旬の20億ドルを超える投資に基づくもので、市場状況に左右されるものの、2019年あるいは2020年にインフォアが将来的な新規株式公開(IPO)を考慮する上での、重要なマイルストーンになります。

 米インフォアの最高経営責任者(CEO)であるチャールズ・フィリップス(Charles Phillips)は、次のように述べています。
「KochとGolden Gate Capitalは、インフォアにとって素晴らしいパートナーであり、17,300人の全社員が、次の成長に向けた今回のマイルストーンに興奮しています。」

 フィリップスのリーダーシップおよび、KEDとGolden Gate Capitalとの長年のパートナーシップにより、インフォアは、過去5年間で約25億ドルを製品の設計と開発に投資し、475以上の新製品と1,870以上のインテグレーション、20,700以上の業界機能をCloudSuite製品群で提供してきました。現在、Infor CloudSuiteは、フロントオフィスからバックオフィスまでを網羅するさまざまなアプリケーションだけでなく、グローバル対応に関するロジスティクス(言語や通貨、各国のローカライズ要件など)まで提供する、完全なマルチテナントのERPスイートを提供する唯一のクラウドソリューションです。

 Koch Industries、Kochエグゼクティブ・バイス・プレジデント兼エンタープライズ担当CEOのジム・ハナン(Jim Hannan)氏は、次のように述べています。
「Kochは、インフォアに投資する以前から、インフォアのソリューションをユーザーとして利用してきました。また、Koch Industriesは、ミッションクリティカルなアプリケーションをInfor CloudSuiteへ移行しています。インフォアの革新的な製品は、グローバル120,000人の社員に展開され、弊社のデジタルトランスフォーメーションの促進に役立ちました。」

 インフォアは、2018年度の売上高が30億ドルを超え、あらゆる業界のミッションクリティカルな基幹業務を支えるERPアプリケーションスイートをパブリッククラウドへ移行した初の企業となりました。インフォアのCloudSuiteは、110カ国で9,500社以上のお客様のデジタルトランスフォーメーションを支える基盤となっています。インフォアのアプリケーションは、会計管理から生産管理、サプライチェーン、人材管理、顧客関係管理にいたるまで多岐にわたっています。
 過去5年間にわたって、インフォアはクラウドアプリケーションの市場シェアを獲得しており、現在ではソフトウェアライセンス売上の70%をクラウドアプリケーションが占めています。
 インフォアの戦略の要は、業界に特化したCloudSuiteを設計することです。インフォアは、高コストなカスタマイズや高騰するコンサルタント契約が必要ありません。CloudSuiteに移行したお客様は、アドオン開発や大規模なアップグレード、インフラにかかるコストが不要になり、定期的に25%以上のコストを削減できます。
 インフォアは、ヘルスケアや製造業、小売、公共部門、宿泊・娯楽などの主要産業においてプレゼンスを拡大してきました。米国にある病院の72%、自動車サプライヤの上位20社のうち19社、ファッションブランドの上位10社のうち8社が、インフォアのアプリケーションを利用しています。

 フィリップスは、次のように述べています。
「多くの企業が、エンタープライズアプリケーションをクラウドへシフトすることに価値を見出してはいるものの、業界特有の重要な機能がない場合、移行はできないという状態にあります。インフォアは、従来であればオーダーメイドで作ったような機能を、クラウドサービスの標準機能として組み込んでいます。今では、Coleman AI Platformを使って、あらゆる業務分野の価値のあるデータにアクセスし、予測分析と洞察力に富んだ相関関係を築くことができます。」

 また、Infor CloudSuiteは、将来的なイノベーションにも対応できるソリューションです。インフォアのアプリケーションは、パブリッククラウドで稼働するオープンソースのインフラストラクチャであり、単一のデータストアに縛られることなく、必要に応じて汎用的なコンピューティングやストレージにより、低コストで拡張することが可能です。垂直統合は旧来のオンプレミスのコンピューティングを、モダンなアプリケーションはグローバルかつ汎用的なインフラストラクチャを活用します。

経営陣のコメント
2002年にインフォアに最初の投資を行ったGolden Gate Capital、マネジング・ディレクターのデイヴィッド・ドミニク(David Dominik)氏は、次のように述べています。
「インフォアは、長年にわたって目覚ましい進化を遂げてきました。弊社は、インフォアの戦略や経営陣の強力な支持者として、インフォアが次なる成長に向けて邁進し、あらゆる業界や企業規模にわたってビジネスを拡張し続けることを支援します。」

KED、社長のマット・フラミニ(Matt Flamini)氏は、次のように述べています。
「Kochは、インフォアの非常に拡張性の高く、多様なテクノロジーについて、投資家としてだけでなく、インフォアのソフトウェアソリューションを利用するユーザー企業としても常に感銘を受け続けています。われわれがインフォアを信頼しているのは、財務実績の評価だけではなく、Koch Industries全社にインフォアのソリューションを導入し、目の当たりにした実際の成果によるものです。」

Golden Gate Capital、マネジング・ディレクターのリシ・チャンドラ(Rishi Chandna)氏は、次のように述べています。
「インフォアがイノベーションを重要視し、お客様にソリューションを提供することに注力していることが、他に比類のない業界特化型機能と拡張性を併せ持つCloudSuiteの成功を裏打ちしています。インフォアがこれからも斬新な新製品や新機能を提供しつづけることを大変楽しみにしています。」

KED、シニア・マネジング・ディレクターのブレット・ワトソン(Brett Watson)氏は、次のように述べています。
「インフォアは、Kochとのパートナーシップを、我々が事業展開する幅広い業界にわたり、ともに革新する機会として活用しました。今回の投資は、お客様がより効率的かつ効果的な業務を実現できるように、今後も革新的なソリューションを創造し続けたいという互いのビジョンを共有した結果です。」

※当リリースは2019年1月16日に米国で発表されたリリースの抄訳をベースにしています
< (リンク ») >

■インフォア、インフォアジャパンについて
インフォアは、クラウドを用いた業界特化型のビジネスアプリケーションにおけるグローバルリーダーです。17,300人を超える社員が、170か所以上の地域で68,000以上のお客様を支援しています。インフォアのソフトウェアは、お客様の業務の進化に向けたデザインとなっています。さらに詳しくはwww.infor.com(英語)をご覧ください。インフォアジャパンは、米国インフォアの日本法人として、各種エンタープライズソリューションの販売、導入、コンサルティングを行っています。詳しくは (リンク ») をご覧ください。

インフォアのお客様には下記が含まれます。
● 航空宇宙企業20社のうち19社
● ハイテク企業上位10社のうち9社
● 米国最大のヘルスケア提供ネットワーク25のうち18
● 米国の大都市20のうち18
● 自動車サプライヤ上位20社のうち19社
● 産業用製品販売上位20社のうち17社
● グローバル小売企業上位20社のうち15社
● 醸造企業上位5社のうち4社
● グローバル銀行20行のうち17行
● 最大規模のグローバルホテルブランド10社のうち9社
● グローバルな高級ブランド上位10社のうち8社

■Koch Equity Development LLCについて
米国カンザス州ウィチタと英国ロンドンにオフィスを置くKEDは、Kochの戦略的買収と業界にとらわれない自己資金投資にフォーカスしています。昨年中に完了した主な自己資金投資には、Getty Images、Global Medical Response、Meredith/Time、Solera Holdings 、The ADT Corporation、Transaction Network Servicesが含まれます。 2012年以来、KEDは、約100億ドル以上の自己資本を投資してきました。2003年以来、Koch companies は、買収や他の資本的支出で約1,000億ドルを投資してきました。Koch companiesは、50ヶ国以上にビジネスを展開しており、世界中で120,000人以上の従業員を抱え、そのうち65,000人は米国で雇用しています。2009年1月から現在にいたるまで、Koch companies は、安全性、環境における卓越性、コミュニティ・スチュワードシップ、イノベーション、カスタマーサービスにおける1,300以上の賞を受賞しています。

■Golden Gate Capitalについて
Golden Gate Capital は、サンフランシスコを拠点とする非公開株式投資企業であり、運用資産総額は150億ドル以上です。Golden Gate Capital の自己資金投資には長い成功の歴史があり、非公開化や会社分割、資本再構成、負債証券投資および持分証券投資などを含む幅広い業界と取引種別にわたります。Golden Gate Capitalは、世界で最も積極的なソフトウェア投資家のひとつです。Golden Gate Capitalによるその他の有名なソフトウェア投資としては、BMC Softwareや Vector Solutions、Neustar、LiveVox、2020 Technologiesなどがあります。さらに詳しくは、www.goldengatecap.comをご覧ください。

■報道機関のお問い合わせ先
インフォアジャパン株式会社 広報担当:鳥羽
E-mail:Infor.JapanInfo@infor.com

インフォアジャパン株式会社 PRデスク(株式会社アクティオ内)
TEL:03-5771-6426 E-mail:Inforjapan-pr@actioinc.jp

本プレスリリースは、販売の申し出でもなければ購入申し込みの勧誘でもなく、当該証券の各州、または法域における販売は、そのような申し出、勧誘、または販売がかかる州、または法域の証券諸法に基づいて登録、または効力発生以前に違法となる場合は禁じられます。

将来見通しに関する記述について
本プレスリリースには、証券取引法に定める意味での「将来見通しに関する記述」が含まれています。この将来見通しに関する記述は、1995年私募証券訴訟改革法の免責条項に基づいています。「確信」、 「期待」 、「計画」、「戦略」、「意図」、「見込み」、「予測」、「予想」、「可能性」、「義務」やこれらに類似する表現を伴う記載があったとしても、1995年私募証券訴訟改革法の免責条項に基づいて「将来見通しに関する記述」を確認することを意図しているものです。本記述は、インフォアの業界における経験およびこれまでの傾向、現在の状況、予想される将来的な開発およびその他要因について、適切であると思われる状況を前提としています。これらの将来見通しに関する記述に含まれるものとは実際には異なる結果を引き起こす可能性のあるリスク、不確実性その他の事情に影響されます。これには、米国証券取引委員会に提出した文書内のリスク要因、2018年6月28日にSECに提出した2018年4月30日に終了した会計年度についてフォーム10-Kによる年次報告書が含まれます。
これらのリスクや不確定要素を踏まえて、本プレスリリースの将来見通しに関する記述に依拠することは控えるようにご注意ください。本プレスリリースの将来見通しに関する記述は、本リリースの日付時点でのマネジメントの意見を反映したものです。インフォアは、本プレスリリースに記載されている将来見通しに関する記述について、新たな情報、将来の事象、その他の結果にかかわらず、これらの内容を更新し公表する責任を負いません。フォーム10-Kによる年次報告書に記載のリスク要因およびフォーム 10-Q による四半期報告書を含むSECに定期的に提出するその他の文書を熟読することをお薦めします。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]