編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

株式会社大戸屋にギフト販売システム「eGift System」を提供~ 全国の大戸屋ごはん処全店で利用可能なeギフトの販売を開始 ~

株式会社ギフティ

From: PR TIMES

2019-01-25 11:40

 eギフトサービス(※1)を展開する株式会社ギフティ(本社:東京都品川区/代表取締役:太田 睦/以下、ギフティ)は、国内351店舗(2019年1月25日時点)の定食チェーン「大戸屋ごはん処」を展開する株式会社大戸屋(本部:東京都武蔵野市/取締役社長:山本 匡哉)に、ギフト販売システム「eGift System」(※2)を提供いたしました。また、2018年12月20日(木)より、ギフティが運営するWEBサービスおよびスマートフォン向けのアプリ「giftee」(※3)にて、日本国内の大戸屋ごはん処全店でご利用いただけるeギフトの販売を開始しましたので、お知らせいたします。



 ギフティは、日頃の「小さなありがとう」という気持ちと一緒にオンライン上で簡単にギフトを贈ることができるカジュアルギフトサービス「giftee」の運営および、法人を対象としたギフト販売システム「eGift System」を主力事業として展開しております。

 この度「eGift System」を導入いただきました、株式会社大戸屋が運営する定食チェーン「大戸屋ごはん処」は、家庭食の代行業として、「かあさんおなかすいたよう」という言葉にこたえたいという想いを原点とし、人々のこころも満たす、もうひとつの食卓として、安全・安心な食材だけを使用して、一品一品ご注文をいただいてから、お店で丁寧につくる店内調理にこだわっております。できたて、つくりたての商品のおいしさを提供し続ける定食チェーンです。

 本eギフトは、2019年1月25日(金)にオープンした「大戸屋ごはん処」( (リンク ») )のサイトからご購入可能な、国内351店舗の「大戸屋ごはん処」でお会計時にご利用いただけるデジタルチケットであり、ご家族、やご友人にLINEやメールなどでお贈りいただけます。また、ギフティが運営する「giftee」においても、2018年12月20日(木)より、本eギフトの販売を開始しております。販売を開始したeギフトは、「大戸屋500円ギフト券」の1券種です。eギフトを受け取られた方は、国内351店舗の「大戸屋ごはん処」店頭にて、お会計時にeギフトをご提示いただくことでご利用いただけます。

 ギフティは、今後も、実店舗およびオンライン上で利用可能なeギフトの品揃えを強化し、「giftee」のサービスの充実を図ってまいります。また、企業へのeギフトサービスの導入・運営を推進するとともに、eギフトの普及を通し、日頃の気持ちを伝える手段として気軽にギフトを贈りあう習慣や文化の創出を目指します。

(※1) eギフトサービスとは、オンライン上でデジタルのギフトチケットを購入して送り、そのチケットを店頭で商品と引き換えることができるサービスです。

(※2) 「eGift System」とは、ギフティが法人向けに提供するギフト販売システムです。導入企業は、自社サイトでeギフトサービスを運用することができます。

(※3) 「giftee」とは、ギフティが運営しeギフトを販売するWEBサービスです。2015年12月よりスマホ アプリも開始いたしました。


「大戸屋500円ギフト券」概要

[画像: (リンク ») ]


販売サイト
・大戸屋ごはん処 eGift: (リンク »)
・giftee販売ページ:  (リンク »)

券 種
「大戸屋500円ギフト券」(税込)

有効期限
購入日から5か月間(購入日から5か月後の月末)

利用可能店舗
日本国内の大戸屋ごはん処 全店

利用条件・仕様
・日本国内の大戸屋ごはん処にて、お会計の際に、税込500円のお会計としてご使用いただけます。
 ※ギフト券でお釣りはでません。
・一回のお会計で、複数枚ご利用いただけます。
・お会計の際に、スマートフォンにて、大戸屋ギフト券専用ページを提示いただける方のみご使用いただけます。画面コピーや、印刷ではご使用いただけません。
・大戸屋ギフト券の現金交換はできません。
・大戸屋ギフト券は、デリバリーサービス「Uber Eats」「fineDine」を利用したご注文ではご使用いただけません。
 ※店舗でのレジ会計でのみご利用いただけます。
・大戸屋ギフト券の表示等に係る通信費用は、お客様のご負担となります。
・大戸屋ギフト券の有効期限は、ご購入5ヶ月後の末日までとなります。ギフト券記載の有効期限内にご利用ください。
・複写、改竄などの不正行為が発生した場合、利用を停止することがございます。
・店舗の通信状況により、ご利用いただけない場合がございます。

株式会社ギフティについて
 ギフティは、日頃の感謝の気持ちを伝える手段として、気軽にギフトを贈る習慣や文化を創出することを目指し、より多くの方にご利用されるギフトサービスの提供とその拡充に取り組んでいます。ギフティが運営するカジュアルギフトサービス「giftee」は、現在、会員数が110万人(2018年12月末時点)を超え、国内No.1のカジュアルギフトサービスとして、利用者数が増加しています。また、全国33,000店舗以上の商品を取り扱っており、コーヒーショップやコンビニエンスストア、レストランなどの商品の中から、多様なシーンにあわせギフトを選ぶことができます。当社のギフト商品の平均販売価格は、約600円。贈り先に負担を感じさせず、気軽にLINEやメールで贈りあえる、手頃なギフトが充実しています。

社名: 株式会社ギフティ
所在地: 〒141-0022 東京都品川区東五反田5-10-25 斎征池田山5F
設立: 平成22年8月10日 (サービス開始:平成23年3月)
代表者: 代表取締役 太田 睦
資本金: 1,010,670,000円(資本準備金含む)
事業内容: カジュアルギフトサービス「giftee」の運営、法人を対象としたギフト販売システム「giftee e-Gift
System」(SaaS)事業、「giftee」を基盤とした法人向けソリューション「giftee for Business」事業、電子地域通貨システム「Welcome!STAMP」事業の展開
URL: 株式会社ギフティ  (リンク »)
カジュアルギフトサービス「giftee」  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]