Windows Server 2008のEOSが2020年1月14日だが、無料でさらに3年延長する方法

ディーアイエスソリューション株式会社 2019年03月22日

ディーアイエスソリューションは吉政忠志氏のコラム「Windows Server 2008のEOSが2020年1月14日だが、無料でさらに3年延長する方法」を公開しました。

興味がある方はご覧ください。

###
会計期が4月3月のお客様ですと、今期中にWindows Server 2008のEOS(サポート終了)が訪れます。

Windows Server 2008は5年のメインストリームサポートを経て、さらに5年の延長サポートを経て、来年の1月14日にサポート終了となります。合わせて10年の保守期間なので、今まで、NetWare、SUSE Linux、Turbolinuxのマーケティングを担当してきた身としてはメーカーとしては頑張っていると個人的に思います。

そのWindows Sever 2008ですが、去年の12月時点で、まだ48万台も稼働しており、来年のEOSの時点では、まだ17万5千台が放置されると予測が出ています。

しかもこの17万5千台の15%は保守更新の不要なものですが、85%は保守更新をしなくてはいけないのに、人手の問題や予算の問題で、そのまま放置になる見込みだそうです。

Windows Sever 2008の多くはファイルサーバや業務システムが動いているサーバであり、脆弱性により重大な情報漏洩が起こってもおかしくないサーバになります。

業務システムを次のOSに乗せ換えるのは結構手間がかかりますよね。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]