オーティコン補聴器、公式記念日「親子の日」に今年も特別協賛

~“みみとも親子全員集合キャンペーン”を4月8日(月)よりスタート!~

オーティコン補聴器(オートメット株式会社) 2019年04月04日

110余年の歴史を持つ補聴器メーカー、オーティコン補聴器(本社:神奈川県川崎市、プレジデント:木下 聡、以下オーティコン)は、社会貢献活動の一環として、米国人写真家、ブルース・オズボーン氏が提唱する『親子の日』(毎年7月第4日曜日)に2011年より特別協賛しております。今年は協賛9年目となり、引き続き「世界中の誰もが生まれてきたことを喜べる世界の実現」に向けサポートしていきたいと考えております。オーティコンでは、親子の日普及委員会主催のスーパーフォトセッション(親子の日提唱者であり、写真家のオズボーン氏が親子の日当日に100組の親子を撮影するイベント)へのご招待を含む「みみとも親子全員集合キャンペーン」を今年も実施致します。本キャンペーン実施期間は2019年4月8日(月)から6月15日(土)迄で、全国のオーティコン補聴器取扱販売店、店頭のポスター、チラシホルダーに記載のURL及びQRコードにてお申込み可能です.

補聴器メーカーである、オーティコンは、企業理念に「ピープル・ファースト~聞こえに悩む人々の立場にたち、その人々を第一に考え、力づける」を掲げています。高齢になった親の耳が聞こえづらくなっているのではないか?子供の聞こえの様子がおかしい・・、など聞こえの変化や不調に真っ先に気づくのはご本人以外では親や子供など、身近な家族ではないでしょうか?難聴になっても家族や親しい方との会話を楽しみ、その方らしく楽しい毎日を過ごすために、補聴器が良きパートナーとなるよう、補聴器の普及活動に取り組んでいます。この概念と「親子の日」のテーマが合致し共鳴したため、2011年より「親子の日」を特別協賛企業として継続的に応援しています。

オーティコンのプレジデント、木下 聡は次のように述べています。「今年で協賛9年目を迎え、年々親子の日についての認知度が高まってきていることを実感します。オーティコン補聴器をご使用いただいている多くの皆さまに日頃の感謝をお伝えすると共に、親子の日をきっかけに親子の絆を改めて感じていただきたい、との願いから今年も本キャンペーンを企画致しました。ぜひこの機会に、親子やご家族で補聴器販売店へご来訪いただき、ご自身や大切な方の聞こえについて考えていただければ幸いです」

また、当社は親子の日普及推進委員会により、毎年開催されているフォトコンテスト、エッセイコンテストにおいても「オーティコン賞」という賞を設け、親子の絆を深める活動を応援しております。
オーティコンは、今後も社会に貢献する様々な活動を積極的に支援してまいります。

「みみとも親子全員集合キャンペーン」の実施概要は下記のとおりです。親子の絆を深めていただけるような賞を多数ご用意し、皆様のご応募をお待ちしております。

キャンペーン実施概要
キャンペーン名:「みみとも親子全員集合キャンペーン」
応募期間:2019 年 4 月 8 日(月曜日)~2019 年 6月15日(土曜日)
特典: ★チャンス① オーティコン補聴器取扱店訪問で、親子の絆を深める特別なプレゼント
【みみとも賞】
 みみとも親子 東京観光ツアー
抽選で5組の親子やご家族を、親子の日主催「スーパーフォトセッション」及び東京名所観光1泊2日のツアーへご招待
◎ツアー日程:2019年 7 月 28 日(土)~29日(日) 1泊2日

【オーティコン賞】
抽選で20名様に「親子団らんのひと時を、お食事券1万円分」プレゼント
★チャンス② さらに期間中対象補聴器をご購入いただいた方にはダブルチャンス!
 【親子賞】
抽選で10名様に「親子の思い出づくりに、旅行券3万円分」プレゼント
【対象製品】オープンシリーズ、シヤ、ダイナモ(パワー)、センセイi(小児)シリーズ
オーティコン補聴器をご購入いただいた方にはもれなくエコバックプレゼント!
応募条件:オーティコン補聴器を現在ご使用中の方、または期間中対象商品をご購入いただいた方
応募方法:店頭のポスター・チラシホルダーに記載のURL、またはQRコードから応募フォームにアクセスいただき、ご応募ください。
     
当選発表:厳正な抽選の上、当選者には事務局より書面でご連絡いたします。
キャンペーンお問い合わせ先:
「みみとも親子全員集合キャンペーン」事務局(株式会社JTB虎ノ門第三事業部内)
電話 03-6737-9364(担当/小菅、八木、黒田 受付時間/9:30~17:30 土・日・祝祭日を除く)  受付期間 | 2019年4月8日(月) ▶ 6月15日(土)

●オーティコンホームページ  (リンク »)

親子の日について
親子の日は、約30年間親子の写真を撮り続けている写真家ブルース・オズボーン氏の呼びかけにより2003年に始まった社会的活動です。5月第2日曜日の「母の日」、6月第3日曜日は「父の日」、そして7月第4日曜日は「親子の日」。「親と子が共に向き合い、語らいながら親子の絆を深めて欲しい」という趣旨のもと「親子の日」が創設されました。今ではあらゆる地域や世代の方から共感を得ており、その活動は年々広がっています。「親子の日」は2005年に日本記念日協会によって公式記念日に認定されています。
 
◆「親子の日」公式ホームページ (リンク »)

■オーティコンについて
補聴器におけるパイオニアであるオーティコン社(Oticon A/S)は、ハンス・デマントにより1904 年にデンマークに創設されました。オーティコンは世界で唯一の慈善財団が所有する補聴器会社であり、デマントグループの傘下にあります。その日本法人としてオーティコン補聴器は1973年より日本市場における製品の製造・販売を行っています( (リンク ») )。オーティコンの企業理念「ピープル・ファースト」とは、「聞こえに悩む人々を第一に考え、彼らが自由に伝えあい、自然にふるまい、そして活動的に生活できるように力づける」という信念に基づきます。オーティコンは先進のノンリニア補聴器、フルデジタル補聴器および人工知能補聴器を開発し、業界のパイオニアとして革新的な技術を難聴者とともに開拓してきました。1977年には先進技術とオージオロジー(聴覚学)を研究するエリクスホルム研究所を設立、世界中から参集した様々な分野の科学者と1,000人以上のテストユーザーと共に将来の補聴器開発に取り組んでいます。オーティコンは世界各国で補聴器をはじめ、聴覚関連機器、医療機器の製造・販売を行っています。 
※文中に記載の名称は、各社の商標または登録商標です。

「みみとも」ついて
2011年以降、補聴器をより身近に感じていただくために、補聴器という言葉の代名詞として「みみとも」(=耳のともだち、生活をより楽しくするツール)を提唱し、今までの「補聴器」という名前から見えてこなかった価値を消費者に伝えています。従来の「補聴器」のイメージを払しょくし、もっと身近に感じていただくために、そして何より、「補聴器」は聞こえにお困りの方々が楽しい毎日を送るための良きパートナーであることを伝えるために、オーティコンは「みみとも」を提唱しています。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]