オーティコン補聴器が言語聴覚士を目指す学生を対象に、聴覚分野の魅力と最新研究を伝えるサマーキャンプを8月10日より開催

補聴器満足度が低い日本の未来のために補聴器メーカー オーティコンが専門家育成に注力

デマント・ジャパン株式会社

2023-05-29 11:00

110余年の歴史を持ち、デンマークに本社を置く補聴器メーカー、オーティコン補聴器(本社:神奈川県川崎市、プレジデント:齋藤 徹、以下 オーティコン)は、言語聴覚士を目指す学生を対象に「オーティコン補聴器みみともサマーキャンプ」を2023年8月10日(木)~12日(土)の日程で開催します。未来の聴覚ケアを支える専門家の育成を目的に2019年より始まったみみともサマーキャンプは今年で5回目となります。今年は箱根を会場に対面形式による開催を予定しています。全国の言語聴覚士を目指す学生、並びに聴覚分野へ関心を持つ学生を対象に6月16日(金)まで特設サイト内、申込フォームにて応募を受付けます。 < みみともサマーキャンプ案内サイト https://www.oticon.co.jp/event/sumcamp >
■各国と比較し補聴器満足度が低い日本の現状
日本における難聴者と補聴器の実情についての大規模市場調査JapanTrak2022(ジャパントラック2022)によると、海外の補聴器満足度が80%近くに達しているのに対し日本での補聴器満足度は50%と低く、理由は様々考えられますが、補聴器や聴覚ケアに対する正しい情報の不足や適切な聴覚ケアが浸透していないこと、また適切な調整を施した補聴器が使用されていないことなどが挙げられます。

適切な聴覚ケアは海外ではオージオロジスト(ドクター、聴覚スペシャリスト)が担当しており、該当する資格として日本では言語聴覚士があります。ところが日本では、聴覚分野での言語聴覚士の就労は10%以下と非常に少ない割合であることが、言語聴覚士協会会員動向により示されています。言語聴覚士を目指す学生の多くに、聴覚分野は資格を活かせる機会や活躍の場としてあまり捉えられていないものと考えられます。

しかし、補聴器を含めた聴覚ケア関連業界内では、言語聴覚士の需要は高く、採用に積極的な企業も多く存在します。業界内で今後ますます言語聴覚士の活躍が期待されていることを、言語聴覚士を志す多くの学生に認識してもらう必要があり、超高齢化社会を聴覚ケアの側面から支える未来の専門家育成は日本の課題でもあるといえます。未来の聴覚ケアを支える専門家の育成に少しでも貢献できるよう、オーティコンでは毎年みみともサマーキャンプを開催しています。

みみともサマーキャンプでは、言語聴覚士を目指す学生に聴覚ケア分野の重要性と魅力、聴覚ケア業界内におけるキャリアパスを含めた可能性をお伝えします。VRによる難聴模擬体験や学生同士のディスカッションを通して、学生自身に日本の社会が抱える課題について、どう取り組むべきかを考えていただくきっかけを提供します。また、オーティコン補聴器本社の補聴器製造工程をオンライン見学するなど、最新の補聴器製造技術についても学ぶことができます。更にオーティコンがゴールドスポンサーとして活動をサポートしている、一般社団法人日本ろう者サッカー協会に所属するデフサッカー日本代表選手や、耳鼻咽喉科医、国内・海外のゲストスピーカーによる特別講演なども予定しています。


■みみともサマーキャンプ実施概要
<セミナー名>オーティコン補聴器 みみともサマーキャンプ
<開催期間>2023年8月10日(木)~2022年8月12日(土)
<実施場所>ライムリゾート箱根(神奈川県、箱根市)
<応募条件>言語聴覚士を目指す養成課程で学ぶ学生、及び聴覚に関心を持つ学生。※学年は問いません
<募集人数>最大30名程度
<参加費用>10,000円(税込)セミナー費用 / 宿泊・食事費用含む。※別途、交通費の補助有り
<応募受付期間>2023年5月29日(月)~6月16日(金)
<応募方法>特設サイト内、申込フォームに必要情報を入力
<内容>補聴器及び聴覚ケア業界への関心喚起及び、就職先の選択肢としてキャリアパス例の紹介。国内外の講師から聴覚ケアに関わる最新の知見の紹介。参加型ワークショップや実習、グループディスカッションなど。VR技術を活用した難聴の疑似体験や最新の補聴器機の体験。最新補聴器の製造工程(オーティコン補聴器川崎本社内のラボ・補聴器工場)のオンライン見学。 他


■「オーティコン補聴器」プレジデント 齋藤 徹のコメント
適切な聴覚ケアには専門家の存在が必要不可欠です。弊社は聴覚ケア業界では唯一、独立した基礎応用研究所を所有し、聞こえそのものに関する最新の研究を行い、言語聴覚士を目指す学生を対象に最新の研究や聴覚の面白さに触れるサマーキャンプを開催しています。みみともサマーキャンプは、同じ志を持つ仲間と共に先進的な補聴器に触れ、聴覚ケアや補聴器業界への理解を深め、聴覚ケア分野でのキャリアパスを具体的にイメージできる絶好の機会です。参加者の皆様にとって有意義な時間となる事を願っています。

本リリース掲載サイト
(リンク »)

みみともサマーキャンプ案内サイト 
(リンク »)

▼オーティコン製品に関する資料請求・お問い合わせ
フリーダイヤル:0120-113321  営業時間9:30~17:30(土、日、祝日を除く)
◆その他、詳細は当社ホームページ (リンク ») をご覧ください。


■オーティコン補聴器について
オーティコン(Oticon)は、1904年にデンマークで創設された補聴器業界におけるパイオニアです。企業理念として「Life-changing technology(ライフチェンジング テクノロジー)」を掲げ、難聴による制限のない世界の実現を目指し、製品開発と聴覚ケアの普及に取り組んでいます。オーティコンは補聴器業界で唯一、聞こえと脳に関する基礎研究所を擁するメーカーであり、そこに在籍する聴覚学、脳神経科学、電子工学など様々な分野の研究者と、13,000人以上のテストユーザーによって、常に先進的で革新的な補聴器テクノロジーが生み出されています。オーティコン製品の最大の特徴は、脳から聞こえを考える「BrainHearing(ブレインヒアリング)」というアプローチです。「耳に音をどう届けるか」だけではなく、「脳が理解しやすい音を届けるにはどうするか」に着目した製品群は、第三者機関による確かなエビデンスに支えられ、世界100ヵ国以上で使用されています。日本でも1973年より補聴器の製造・販売を行っています。

■デマントグループについて
デマントは、1904年にデンマークのオーデンセで補聴器の輸入商から始まり、のちに補聴器の製造や診断機器、人工内耳事業へと参入していきました。現在、世界130か国以上でビジネスを展開しています。デマントは2つの点で世界唯一の企業です。第一に聴覚ヘルスケアにおける全ての分野をカバーしていること、第二に慈善財団(ウィリアム・デマント財団)が所有する聴覚ヘルスケア企業であることです。全デマントグループ18,000人強の従業員とともに、聴覚ヘルスケアや聞こえの改善の研究、製品開発を行っています。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]