フィリップスのAI搭載補聴器「フィリップス ヒアリンク」に新シリーズ登場!

デマント・ジャパン株式会社

From: PR TIMES

2023-05-11 08:00

AI音声処理技術に新機能サウンドプロテクトが加わり、雑音の少ないよりクリアな音を実現



世界的な聴覚ヘルスケア企業デマントの日本法人、デマント・ジャパン株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:齋藤 徹)は、同社が展開するフィリップスのAI搭載補聴器フィリップス ヒアリンクの新シリーズ「フィリップス ヒアリンク 9040、7040、5040」を2023年5年16日(火)より全国のフィリップス補聴器取扱店にて発売いたします。

フィリップス ヒアリンク(以下、ヒアリンク)は、独自開発のAI(人工知能)音声処理技術を搭載した高性能な補聴器です。AI音声処理技術は、1000万以上のさまざま音環境について予めAIに学習させて、学習済みの蓄積した知識をもとにAIがリアルタイムの音声処理を行います。これにより、街頭やレストランなどの騒がしい環境下でも、会話をよりクリアに聞き取ることができます。

新製品は、新たに「サウンドプロテクト」機能を搭載し、AI音声処理技術との相乗効果によって雑音が少ない、よりクリアな音を届けることが可能になりました。当機能は、不要な音を信号処理の過程から除去するというユニークな働きをします。周囲の音環境の変化を常に素早く検知・分析し、大小の突発的な音や風切り音が発生するような雑音が多い環境下でも、会話には影響を与えず不快な音のみを抑制して、より音質を高めた聞こえを届けることができます。これにより、例えば靴音やキーボードを叩く音、ドアがバタンと閉まる音といった大小さまざまな衝撃音や、車の走行時に発生する風の音などの雑音がある場面でも、予期せぬ音の刺激を感じることなく会話がよりクリアに聞こえます。

新製品は全て2.4GHz Bluetooth(R) 低エネルギー(BLE)を搭載し、外部機器とのワイヤレス接続に対応しています。補聴器をiPhoneやAndroid(TM)デバイスに接続し、通話や音楽などを補直接補聴器にストリーミングして、ワイヤレスヘッドホンのように楽しむことができます※1。またiPhone、iPadと連携したハンズフリー通話にも対応しています※2。
[画像1: (リンク ») ]

スタイルは、小型で目立ちにくい「耳かけ型」で、電池タイプと充電タイプが揃っています。カラーは、髪や肌の色にマッチするベージュ系、グレー系の全6色があり、新たにユーザーの要望によって生まれた新色「ベージュxベージュ」が加わりました。

さらに、ヒアリンク補聴器を手軽に操作できる専用アプリ「Philips HearLink 2(フィリップス ヒアリンク 2)」が登場しました。スマートフォンがリモコンとなり、補聴器の音量調整やプログラム変更をアプリ上で行えたり、補聴器を探す機能、電池残量の表示、さらに聴覚ケアの専門家による補聴器の調整を遠隔操作で自宅にいながら受けられる「リモートフィッティング」機能など、便利なツールが搭載されています※3。

[画像2: (リンク ») ]

フィリップス ヒアリングソリューションズは、持続可能性の観点から「責任ある製造」への取り組みを推進しており、エネルギーの使用量を減らし、より多くの再利用を目指しています。具体的には、補聴器と充電器の梱包資材等に再生プラスチックを50%以上使用することや、PVC(ポリ塩化ビニル)からより環境に優しいプラスチックに移行し有害物質の使用を避けること、2024年までに充電システムのエネルギー効率を最適化することなどが含まれます。

新シリーズの登場により、ユーザーは日常での聞こえの問題に気を逸らされることなく会話を楽しみ、周囲とのつながりを深めていくことができます。当社は人々により良い聞こえを届けることで、豊かな人生を送ることができるようサポートしてまいります。

【新製品の概要】
■製品名: フィリップス ヒアリンク 9040、7040、5040
■スタイル: 充電タイプ、空気電池タイプの各2タイプ(4スタイル)
・充電タイプ:ミニRITE T R、ミニBTE T R
・空気電池タイプ:ミニRITE T、ミニBTE T
■発売日: 2023年5月16日(火)
■価格: オープン価格 ※補聴器本体は非課税です。
■適合範囲: ・ミニRITE T R・ミニRITE T:軽度~高度・重度難聴(105 dBHLまで)
・ミニBTE T R・ミニBTE T:軽度~高度難聴(85 dBHLまで)
■カラー: 肌や髪の色にマッチするベージュ、グレー系のツートンカラー 計6色
◎新色:ベージュxベージュ
■その他: 防塵・防水の国際保護等級IP68取得。日常生活防水仕様。

フィリップス ヒアリンク補聴器の詳細は公式サイトをご覧ください。
(リンク »)

・フィリップス補聴器 お取り扱い店舗
(リンク »)
・フィリップス補聴器 カスタマーサービス
 電話:044-382-5800(平日9:30-17:30)
 お客様お問い合わせフォーム:
  (リンク »)
・フィリップス補聴器公式Facebookページ
  (リンク »)
・フィリップス補聴器公式YouTubeチャンネル
(リンク »)

※1 iPhone/iPad(iOS13以上)、一部のAndroid(TM)端末(OS10以上でAHSA対応)を推奨。
※2 ハンズフリー通話機能は、ヒアリンク 9040/30、7040/30、5040/30、3030、2030にて利用可能。iPhone、iPadを用いたハンズフリー通話は、iPhone 11 以降かつiOS15.2 以降、iPad OS 15.2 以降で動作するiPad で利用可能。互換性に関する詳しい情報はwww.hearingsolutions.philips.com/ja-JP/compatibilityを参照。Android 端末の場合は、フィリップス オーディオクリップの併用が必要。
※3 リモートフィッティングの利用に際しては、ユーザーがヒアリンク補聴器を購入した販売店において、同サービスを提供している必要があります。
<商標について>
・Apple、Appleのロゴ、iPad、iPhone、iPod Touchは米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。App StoreはApple Inc. のサービスマークです。Android および Android ロゴ、Google Playおよび Google Play ロゴはGoogle Inc.の商標または登録商標です。
・Bluetooth(R)のワードマークおよびロゴはBluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、Demant A/Sはこれらのマークをライセンス契約に基づいて使用しています。
・文中に記載の名称は、各社の商標または登録商標です。

【デマントについて】
デマントは世界有数の聴覚ヘルスケアグループであり、同社はロイヤル フィリップス社と補聴器事業における商標ライセンス契約を2018年に締結。Philipsブランドの補聴器を開発・製造し、世界中の市場に提供しています。日本では2020年1月にフィリップス補聴器の販売を開始し、年々ユーザー数を拡大しています。
聴覚ケア、健康、イノベーションを礎に展開するDemant(デマント)は、世界130カ国以上で聴覚ヘルスケアに関連するビジネスを展開しています。1世紀以上にわたり、人々の聞こえと健康の改善に努め、生活、そして人生に変化をもたら革新的なテクノロジーとノウハウの開発をおこなっています。詳しくは (リンク ») をご覧ください。
当社はフィリップス ヒアリンク補聴器とともに、より良い聞こえを提供し「人とつながる、世界とつながる」ためのソリューションをさらに進化させ、難聴者および聴覚ケアの専門家のために革新的なソリューションを提供してまいります。フィリップス補聴器の詳細については、 (リンク ») をご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]