あなたの自転車は今どこですか? 国内初の自転車盗難対策アプリ「PedalNote」が『forista Cycle』としてリニューアル!ポイントは5つ!

株式会社ペダルノート 2019年04月03日

From ValuePress!

 移動体IoTのエンシュアランスカンパニーを目指す株式会社ペダルノート(本社:東京豊島区、代表取締役 小原 芳章 以下 当社)は、業界初、リアル店舗と連動した自転車盗難補償付きサービス「PedalNote(以下 オーナー版)」を大幅リニューアルし、『forista Cycle(フォリスタサイクル、以下 当サービス)』として新たにサービスをリリース。より便利に使いやすくなりました。

【サービス概要】

当サービスは、盗難自転車を探す「ビーコン」と、その盗難自転車が見つからなかった場合に買い替えの資金(以下、お見舞金)がでる「補償」をセットにした商品です。

ビーコンから発信される電波は、全国にいる会員のスマホに入っているアプリに反応し、経由することで、所有者に自転車の場所を教えてくれます。

万が一、自転車が盗難に遭ってしまった時は、アプリから盗難捜索願を出すことで、全国にいる会員のスマホが盗難自転車の電波を受信して、所有者のアプリに知らせてくれます。また本アプリだけではなく提携する当社のforista SDKが入った他社アプリからも受信できるシステムになっており、より見つかりやすい仕組みを構築しています(2019年5月には全国で約100万台を超える日本最大級の受信インフラに拡大予定)。もしアプリからの盗難捜索を行っても盗難自転車が発見されなかった場合には、最大200,000円分の盗難補償が付いていますので、新たな自転車の購入費としてご利用いただけます。


【オーナー版とフォリスタサイクルの違い】

(1)かんたん登録

・お申し込み登録がアプリだけで完結するようになりました!有料プランのビーコンも郵送されますので、お申し込み後は待っているだけ。ビーコンが届いたら、アプリから自転車とビーコンを紐付けして自転車に設置すれば完了です。

・店舗でビーコンを購入した場合は、公式Webにて「ビーコン無し」の補償プランが購入できます。購入するとライセンスコードが発行されますので、それをアプリに入力すると情報が反映されます。


[資料: (リンク ») ]


(2)補償サービスは全ての提携店でOK

・盗難補償、故障補償、無料診断サービスがどこの提携店でも受けられるようになりました!例えばツーリング中の急なチェーン切れの場合でも、その最寄りの提携店で修理を受けることができます。

・アプリにある各種チケットを使うことができます。


[資料: (リンク ») ]


(3)今の愛車の位置を見る

・アプリ起動から1秒で自分の愛車の位置情報が分かるようになりました!大切な愛車の位置情報を知ることで、サイクリストに盗難防止の意識を高めてもらい、一緒に自転車盗難をなくしたいと思っています。


[資料: (リンク ») ]


(4)タイムラインで思い出を記録

・思い出の写真を投稿することができるようになりました!自慢のカスタムや、あの時のツーリングの絶景、ポタリングで寄ったカフェでのランチなど、いつでもどこでもアプリから登録することができます。


[資料: (リンク ») ]


(5)「管理」と「探す」を1アプリで

・オーナー版の自転車を「管理」する機能と、盗難自転車の捜索支援アプリ『Seeker(シーカー)』の「探す」機能を併せ持ったアプリです!このアプリ1つで自転車の管理から、盗難自転車の捜索までを行います。


[資料: (リンク ») ]


【株式会社ペダルノートに関して】

株式会社ペダルノートはみんなの力で支え合う

盗難・紛失・迷子のない、楽しく安心な社会の創造を目指しています。

(リンク »)


「forista Cycle(フォリスタ サイクル)」

~サイクリストのセイフティーネットをみんなでつくる盗難捜索協力アプリ~

(リンク »)


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]