意外なものが中世貴族ルーツ!『ふつうのスマートボール』

鈴与シンワート株式会社 2019年04月09日

鈴与シンワートは吉田幸助氏のコラム「意外なものが中世貴族ルーツ!『ふつうのスマートボール』」を公開しました。

###
◎実は中世貴族にルーツのある競技

ケン玉のルーツは中世貴族にあります。昭和生まれの自分には、どうもピンと来ないのですが…。

そもそも世間に於ける『ケン玉』のイメージは、時代と共に随分変わりました。

筆者の『ケン玉』への潜在イメージは、結局『昭和の玩具』なんですよね。『ベーゴマ、メンコ、ケン玉』のような感じで。夕焼けに染まる路地裏で、子供達が遊んでいる中にケン玉があるようなイメージ。

その後『ケン玉』も競技として発展を遂げ、様々な技の広がりや、空手や柔道のような昇段制度も導入され、”何かを極める” といった『道』や『鍛錬』に通じる世界へと発展しました。

技の名前も『スーパーフラミンゴ宇宙遊泳』とか『つるし一回転灯台(インスタ)とんぼ返り』といったように、筆者のようなケン玉素人も、なんだかわからんがすごい技であることは分かります。きっとすごい。たぶんすごい。

更に時は流れ、ケン玉はダンスやクラブカルチャーとまさかの癒合を見せます!技の鍛錬に『パフォーマンス』の要素が加わったのです!

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]