技術者のためのほにゃららら > 第35回 マイクロソフトのWindows Server2008の3年間無償サポート延長によりAzure移行がさらに加速しそうです。

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス) 2019年05月13日

CTC教育サービスはコラム「技術者のためのほにゃららら > 第35回 マイクロソフトのWindows Server2008の3年間無償サポート延長によりAzure移行がさらに加速しそうです。」を公開しました。

###

こんにちは。吉政創成の吉政でございます。
Windows Server 2008のサポート終了が2020年1月、SQL Server2008のサポート終了は2019年7月になり、もう待ったなしの状態になっています。
一方で、Windows Server 2008の稼働台数は2018年12月の時点で48万台残っており、マイクロソフトの予想ですと、サポート終了時の2020年1月の時点では17万台が残るそうです。
この17万台は人手の問題と予算の都合で、移行したくても移行できないサーバーが大半だそうです。このような状況でマイクロソフトが出した救済措置が、MicrosoftAzureに移行した場合は、Windows Server2008もSQL Server2008も3年間セキュリティサポートを延長するというものでした。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]