編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

Notes/Domino からのデータ移行を支援するツール提供開始

~ Notes/Domino から SharePoint®への移行を低コスト・短時間で実現! ~

株式会社コウェル

2019-06-05 14:00

グローバル IT ソリューション企業である株式会社コウェル(本社:東京都品川区、代表取締役社長: 廣瀬倫理、以下当社)は、 グループウェアの他のプラットホームへのマイグレーションに不可欠なデ ータ移行作業を効率的に実現する自社開発ツール「Coibumi Data Migration(以下 CoibumiDM)」 に、Notes/Domino の移行機能を追加した新バージョンを 2019 年 6 月 5 日より販売開始することを発表します。新バージョンの機能が体験できる無料トライアルも実施いたします。

1.マイグレーション支援ツール:「Coibumi シリーズ」
当社では、2018 年よりベトナムオフショア開発拠点にて SharePoint の開発とマイグレーションを日本品質と最適なコストで提供するサービスを開始しました。さらに、効率的に開発・マイグレーション を行うための自社開発のマイグレーションツール群として「Coibumi シリーズ」(CO-WELL Information Business Migration)を販売開始しました。現時点で「Coibumi シリーズ」は、Notes の アセスメントツール「Coibumi Notes Assessment」、アプリケーション間のデータ移行ツール「Coibumi DM」を提供しています。

2. 新機能追加の背景
これまでの「Coibumi DM」は、従来のデータ移行ツールとは異なり、サイト構築データとデータベース情報を別々に収集・加工できることが大きな特長でした。今回のバージョンアップでは、データ移行元としてNotes/Domino、データ移行先として SharePointServer2016 を追加しました。これは、昨年発表された IBM 社の Notes 事業売却により、今後 Notes/Domino を利用している企業による SharePoint 等の他グループウェアへ移行する需要が高まることを想定したものです。
これにより「Coibumi シリーズ」は、Notes/Domino から他のグループウェアに移行する際に不可欠な アセスメントとデータ移行の 2 種類の工程をサポートします。今後も同シリーズは、豊富な機能・用途により他のグループウェアへの移行が複雑化する Notes/Domino を低コストで効率的に SharePoint 等 へのマイグレーションを支援します。

3. 「Coibumi DM」について

■コンセプト
移行元から各種データを抽出後に、一旦サイト構築情報を Excel ファイルへ、移行するデータベース情 報を SQL Server へ格納することで、移行先のサイト構築処理とデータ移行処理を別々の工程で行う方 式を採用し従来のツールでは実現できなかったより柔軟なデータ移行を実現します。

従来の移行ツールとは異なる方式でデータ移行を行うため、以下のようなメリットがあります。
・複数のフィールドを1つのフィールドに結合可能(データ処理後の移行が可能)
・複数のSharePointServerを1つのSharePointOnlineにデータ移行が可能
・ 差分移行が可能
・ 移行に伴うダウンタイムの短縮

■「Coibumi DM Ver.2.0」の特長
・ 拡充された移行元、移行先
➢ 移行元:SharePoint Server 2010/2013/2016 、Notes/Domino 6.x/8.5 (New)
➢ 移行先:SharePoint Online、 SharePoint Server 2016 (New)

・ 豊富なデータ移行機能
➢ サイトコレクション/サイト/リスト/アイテム等、任意のコンテンツレベルで移行が可能
➢ 各コンテンツの権限情報やプロパティ情報を保持して移行が可能
➢ SharePointグループやアクセス許可レベルなど、サイトの設定情報の移行が可能
➢ ユーザ情報や権限情報、プロパティ情報を修正して移行が可能
➢ PowerShellによる外部操作が可能

・ サイト構築とデータ移行の工程を分離したフローを実現
➢ 複数の SharePoint Server を 1 つの SharePoint Online にデータ移行が可能
➢ 複数のフィールドを1つのフィールドに結合可能(データ処理後の移行が可能)
➢ 差分移行が可能
➢ 移行に伴うダウンタイムの短縮

■仕様

1. 動作環境
• OS:Windows7、8、10、Windows サーバ 2008/2012/2016
• .NET framework:4.5 以上がインストールされていること
• メモリー容量:4GB 以上 (空容量残り)
• ディスク容量:20GB 以上(空容量残り)

2. 移行要件
• 移行元:SharePoint Server 2010/2013/2016 、Notes/Domino 6.x/8.5 (New)
• 移行先:SharePoint Online、SharePoint Server 2016(New)
※移行元/移行先環境への接続ユーザはフルコントロール権限が必要

■価格/お申込み方法 <無料トライアル受付中>

<Coibumi DM Ver.2.0 FULL>

・対象システム:SharePoint Server

移行元   :○

移行先   :○New

・対象システム:SharePoint Online

移行元   :-

移行先   :○

・対象システム:Notes

移行元   :○New

移行先   :-


標準価格(税別):800,000円



<Coibumi DM Ver.2.0 SP>

・対象システム:SharePoint Server

移行元   :○

移行先   :○New

・対象システム:SharePoint Online

移行元   :-

移行先   :○

・対象システム:Notes

移行元   :-

移行先   :-

標準価格(税別):500,000円



<Coibumi DM Ver.2.0 NO>

・対象システム:SharePoint Server

移行元   :-

移行先   :○New

・対象システム:SharePoint Online

移行元   :-

移行先   :○

・対象システム:Notes

移行元   :○New

移行先   :-

標準価格(税別):500,000円

お申込み/無料トライアル/その他ご相談は、下記関連サイトの「お問い合わせ」よりお願いします。

■サービス関連サイト
・Coibumi DM: (リンク »)
・SharePoint 開発・マイグレーション: (リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]