モジュール式マルウェアとは

Barracuda Threat Spotlight(バラクーダが注目する脅威)

バラクーダネットワークスジャパン株式会社 2019年07月08日

バラクーダネットワークスジャパンはBarracuda Threat Spotlight(バラクーダが注目する脅威)「モジュール式マルウェアとは」を公開しました。

###
進化する高度なモジュール式マルウェア攻撃からビジネスを保護しましょう。

バラクーダの調査担当者によって、モジュール式マルウェアの悪用が2019年初以降、急増していることが確認されています。バラクーダのお客様へのメール攻撃を分析した最近の結果によると、2019年の最初の5か月で15万個以上の悪意のあるファイルが検出されています。

モジュール式マルウェアを検出および防止できるように、攻撃とソリューションについて詳細に説明します。

主要な脅威

モジュール式マルウェア: サイバー犯罪者はメールによってモジュール式マルウェアを配信します。モジュール式マルウェアは、ますます増加しており、そのアーキテクチャは通常のドキュメントベースまたはWebベースのマルウェアより堅牢で危険であり、検出が困難です。モジュール式マルウェアは、攻撃の対象と目標によって異なるペイロードと機能を実装しており、選択的に実行できます。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]