SI GroupがASK Chemicalsへの産業樹脂事業売却に注力と発表

SI Group 2019年07月11日

From 共同通信PRワイヤー

SI GroupがASK Chemicalsへの産業樹脂事業売却に注力と発表

AsiaNet 79600(1266)

【スケネクタディ(米ニューヨーク州)2019年7月10日PR Newswire=共同通信JBN】
*契約にはブラジル、インド、南アフリカでの製品、技術、製造資産が含まれる

性能添加剤や処理溶液、薬剤、化学中間体のグローバルな開発・生産メーカーであるSI Group( (リンク ») )は10日、世界中の産業樹脂事業の大半とブラジルの特殊製品事業をプライベートエクイティ企業、Rhone Group, LLC( (リンク ») )傘下企業のASK Chemicals( (リンク ») )に売却する契約を発表した。

契約にはブラジル・リオクラロ、インド・ランジャンガオン、南アフリカのヨハネスブルクおよびダーバンにあるSIグループ産業樹脂製品・関連製品の製造拠点、ならびに世界規模のライセンス技術と複数の料金契約が含まれる。ドイツ・ヒルデンに本社を置くASK Chemicalsは鋳物材料分野の市場リーダーであり、バインダー、コーティング、フィーダー、フィルター、離型剤、さらに接種材料、接種用ワイヤー、鋳鉄用マスター合金などの冶金製品を製造している。契約は年内に完了する見込み。

SI Groupのデービッド・ブラッドリー社長兼最高経営責任者(CEO)は「産業樹脂事業は長い間SIグループのポートフォリオの一部だったが、事業のこの部分を売却するという決定はわれわれにポートフォリオを組み直す機会を与える。この事業の売却は、ASKに産業樹脂事業における独自技術とノウハウを提供する一方、性能添加剤を中心とした当社の重点を再調整する」と語った。

SI Groupは、これら4つの拠点で、グローバルなゴムおよび接着剤、油田製品の製造、ならびにブラジルでの鋳造製品の製造を含む関連事業を開拓し、ASKとの間で料金契約を運用する。

▽SI Groupについて
SI Groupは性能添加剤と処理溶液、薬剤、化学中間体のグローバルな開発・生産メーカーで、プラスチックや油田、ゴム、燃料・潤滑油、医薬品原料、産業樹脂の各業界で強固な地位を持つ。SI Groupのソリューションは、無数の産業製品や消費財の品質と機能に欠かせない。ニューヨーク州スケネクタディに本社があるSI Groupは、5大陸で30以上の製造施設を運営し、年商はおよそ20億ドルで、世界の従業員は3000人を超える。SI GroupはSK Capital Partners( (リンク ») )の傘下企業。2018年にEcoVadisから3回目の企業の社会的責任のシルバー賞を受賞し、世界の4万5000以上の企業のトップ7%の中にランク付けされている。SI Groupのキャッチコピーは「The Substance Inside」である。詳しい情報はwww.siigroup.com を参照。

▽メディア問い合わせ先  
Joseph Grande
ph: + 1.413.684.2463
joe@jgrandecommunications.com

ソース:SI Group



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]