モビリティーの将来に目を向ける:ティッセンクルップがEXPO 2020 Dubaiのドイツ館でロープレスMULTIを展示

ティッセンクルップ・エレベーター(thyssenkrupp Elevator) 2019年07月12日

From 共同通信PRワイヤー

モビリティーの将来に目を向ける:ティッセンクルップがEXPO 2020 Dubaiのドイツ館でロープレスMULTIを展示

AsiaNet 79594(1274)


【エッセン(ドイツ)/ドバイ(アジア首長国連邦)2019年7月12日PR Newswire=共同通信JBN】EXPO 2020が2020年10月にドバイで開幕する時、世界初の高層ビル用ロープレス・エレベーターが大きな話題を呼ぶだろう。ティッセンクルップ・エレベーター(thyssenkrupp Elevator)の先駆的システムは同EXPOのライトハウスプロジェクトの1つとして選ばれ、ドイツ・パビリオンで同国連邦経済・エネルギー省により展示される。

ティッセンクルップ・エレベーターのピーター・ウォーカー最高経営責任者(CEO)は「ドバイは発明向けプラットフォームを提供し、世界中から来訪者やビジネスを引き付ける。MULTIはこの目標をサポートし、テクノロジーが都市モビリティーをどのように改善することができるかをEXPO 2020で実証する」と語った。

MULTI革命は人々がビル内を移動する方法を変え、建築家、不動産所有者、乗客に全く新しい視点を提供する。各キャビン(人を乗せる箱)にリニアモーターを採用することで、ワイヤロープはまったく必要ない-そしてMULTIは垂直方向にも水平方向にも動くことができる。ロープがないため、MULTIは都市ではるかに高い建物の建設を可能にする。エレベーターシャフトが少なくて済むため、貴重な床スペースがアパート用に解放される。

EXPO 2020でMULTIは、地下物流からエアタクシーまで、さまざまな輸送ソリューションをロープレス・エレベーターとどのように相互接続できるかを実証する。水平方向に動くMULTIを搭載したSkybridgesは、旅客輸送をまったく新しいレベルに引き上げる。

MULTIは2017年ドイツ・ロットバイルにあるティッセンクルップの高さ800フィートの最新式テスト・タワーで公表された。このイノベーションは、現在ロットバイルでテストおよび認証を行っている。

報道用画像: (リンク »)

▽ティッセンクルップ・エレベーター(thyssenkrupp Elevator)について
2017/2018会計年度の売上高が76億ユーロに上り、150カ国に顧客を持つティッセンクルップ・エレベーター(thyssenkrupp Elevator)は、ティッセンクルップの独自のエンジニアリング能力を利用し、わずか40年でゼロから世界有数のエレベーター会社の1つとしての地位を築いた。5万人以上の高度な技術を持つ従業員を擁する同社は、スマートで革新的な製品とサービスを提供する。製品ラインには乗降者用および貨物用のエレベーター、エスカレーター、動く歩道、旅客搭乗ブリッジ、階段昇降機、並びにオーダーメードのサービスソリューションがある。

画像はAP Images( (リンク ») )で利用可能。

Photo: (リンク »)
Photo: (リンク »)

▽プレス関係問い合わせ先  
Jasmin Fischer
Head of Media Relations
+49 (0) 201-844-563-054
jasmin.fischer@thyssenkrupp.com  
www.thyssenkrupp-elevator.com

ソース:thyssenkrupp Elevator AG

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]